カテゴリ: アニメ, 漫画 コメント: 0

【速報】僕のヒーロアカデミア、アニメ化決定(画像あり)

【速報】僕のヒーロアカデミア、アニメ化決定(画像あり)
1:
I8qqiNO

11月4日にコミックと同時販売になるジャンパックの見本が届きました!7大アイテム勢揃いの豪華パックですが、個人的なイチオシは堀越先生描き下ろしのJCカバーです!画風が…いつもと違う!?

僕のヒーローアカデミア とは


『僕のヒーローアカデミア』(ぼくのヒーローアカデミア)は、堀越耕平による日本の漫画作品。『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて2014年32号より連載。

url


制作背景

堀越はデビュー翌年に読切『僕のヒーロー』を発表する。その後、『逢魔ヶ刻動物園』や『戦星のバルジ』を連載する。しかし、『戦星のバルジ』は短期間で連載が終わり、堀越は精神的に落ち込んで創作活動が停滞してしまう。そこで過去の読切作品の中から、思い入れがあり、一番書きやすかった『僕のヒーロー』を元に本作の構想が練られた。堀越はヒーロー物が好きなので気持ちを込めて描けそうだったことが決め手になったという[2][4]。『僕のヒーロー』から「ヒーローが日常にいる」という設定などを引き継ぎ、『僕のヒーローアカデミア』に改題して、2014年32号より連載が開始された。
堀越は本作の発想の元について「『X-MEN』みたいなマーベル・コミックの作品の影響は大きいと思います」と語っている。


テーマ・作風

堀越は、ヒーローのかっこよさは「人を救うこと」にあると語っている。そのため、主人公の出久も人を助けるときには悩まずに飛び出せる人物として描かれている。また、出久のセリフや行動を自然に描くことができるので、頭で考えるより勢いで描いているとのこと。
キャラクターデザインでは、「目のアップだけでもキャラか判別できる」ようになっている。「手は顔の次に感情が出る」として、特に必要がなくても積極的に手が描かれている。随所にアメリカンコミックをリスペクトした演出が見られる。
本作について、第1話では出久がモノローグで「僕が最高のヒーローになるまでの物語」と語っている。


あらすじ

超常能力“個性”を持って生まれるのが当たり前の世界。個性を悪用する犯罪者「敵(ヴィラン)」を取り締まる存在「ヒーロー」は人々のあこがれの存在となっていた。少年緑谷 出久(みどりや いずく)も幼い頃からヒーローに憧れ、ヒーローになるために難関高校・雄英進学を目指していたが、先天的“無個性”であり合格は絶望的と周囲からバカにされ続けていた。高校受験を控えたある日、憧れのヒーローであるオールマイトと偶然出会う。

おすすめ人気記事


引用元: http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1445934372/

2:
ちょっと早すぎやせんか

3:
よかおめ結界師みたいになるなよ

5:
ぼくひで

7:
これは失速コースですわ

8:
えぇ…
それやるくらいならソーマの2期作ってくれや

9:
ワールドトリガーはなぜか長寿アニメ路線乗ったしなにが起こるかわからんよ

10:
>>9
なんか人を惹きつけるんやろな
ワートリ正直楽しみやわ

11:
将棋のやつしか読んでない

12:
>>11
あれええなぁ 将棋したことないけどおもろい

14:
>>11
剣道の人とは思えないほど上手くなってたな

よく読まれている人気記事

あなたにオススメ

あなたにおすすめのアイテム

コメント

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。