カテゴリ: アニメ コメント: 1

ウルトラマンの怪獣の造形は素晴らしいよな! 歴代怪獣〜新作映画怪獣まで(動画・画像あり)

ウルトラマンの怪獣の造形は素晴らしいよな! 歴代怪獣〜新作映画怪獣まで(動画・画像あり)
1:
no title


バルタン星人
かっこよく宇宙的なのに昆虫のような絶妙フォルム
ベースのセミ人間も秀逸

おすすめ人気記事

引用元: http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1453541677/

ウルトラマン とは

『ウルトラマン』は、日本の特撮テレビ番組(カラー)、および、その劇中に登場する巨大変身ヒーローの名前である。制作は円谷プロダクション。1966年(昭和41年)7月17日から1967年(昭和42年)4月9日の間にTBS系で毎週日曜日19:00-19:30に全39話が放送された。
『ウルトラマン』に続いて放送された一連の番組、および、その劇中の巨大変身ヒーローは「ウルトラマン」と総称される場合がある。

Ultraman


3:
そもそもウルトラマンのデザインも完成され尽くしてますわ

5:
no title


ペスター
ウルトラマンシリーズにおいて最弱と名高いペスター
二人で一つの着ぐるみという怪獣の概念を広げた存在

9:
no title


ゼットン
この出で立ちは多少の恐怖感を与える
それだけ最後にふさわしい怪獣

なお2代目

13:
no title


ビラ星人

ビラビラ。なんか宇宙人。

14:
>>13
ウチワエビモチーフらしいね

16:
>>13
これ80のやつやっけ?

19:
>>16
セブンの消された記憶のやつ

20:
no title

チブル星人

頭の形はどうやってとったのだろうか
きもち悪さがgood

22:
no title

獣っぽさもありつつ知性も感じさせるデザイン
ベースはコウモリがどうたらこうたら

29:
>>22
なんかおっさんみたいやな

23:
出張怪獣ジラース
no title

no title

25:
>>23
ゴジラやんけ!

26:
>>23
どう見てもゴジラです
本当にありがとうございました

30:
>>23
差別化のためにせっかくつけたえりまきを剥ぎ取るぐう畜

24:
ゴジラ可愛いなぁやっぱり

31:
ゴジラモデルあと一体おった気がすんねんけど

32:
>>31
ゴメスやな、多分

34:
no title

キングジョー
ロボット怪獣の真骨頂
1代目は目と腹のつなぎ目が2次元だったのが最近の技術で立体的に

36:
ゴモラすき

40:
>>36
ワイはベムスターちやん、

48:
>>40
宇宙大怪獣とかいう肩書きほんとすこ

37:
帰ってきたウルトラマン以降は高いクオリティを出しながらも、殻を破るほどの怪獣は見受けられなかった

しかし平成に入り

>> 次のページ、ウルトラマンの怪獣かっこいい(動画・画像あり) <<

45:
no title

こいつのデザインすこ

46:
no title

キリエ□イドを筆頭とする
最新の技術と持ち前の経験を生かした
禍々しく、かっこいい宇宙人
より機械的なロボット怪獣
が世に放たれた

49:
>>46
キリエ□イドかっこいいンゴねぇ・・・

50:
ロボット系ではクレージーゴンが一番すこ
でもリメイクされないんだよなあ

53:
わーったよ、ハイ、ゴモラ!
no title

55:
no title

no title

この2体も好き

58:
いや、名前がね

61:
モチロン
no title

71:
>>61
おう、それやとたんなるうすやないか
せめて本体貼ってやれや

no title

62:
やっぱりバルタン星の技術力がナンバー1
no title

no title

no title

63:
ちなハイパーゼットンはこれな
見てない人も多いやろから動画探してきた
https://youtu.be/TaDi6V-0b-I


76:
>>63
もう(着ぐるみじゃ)ないじゃん…

92:
>>76
初代ゼットンからある「瞬間移動」「バリア」「一兆℃の火の玉」なんかの設定を今風にカッコよく再現してくれてるんやで

65:
no title

ネクサスになると、「より、現実らしく」
をモットーとした話、怪獣が登場、見事打ち切り

66:
no title

no title

70:
no title

no title

その後もファイブキングなど、過去の怪獣をリメイクするなどの試みはあったものの本家には勝てないってはっきり湧かんだね

72:
しかし、鉄って宇宙で最もありふれた物質の一つやからなぁ。それが不足ってどういう事や…

73:
>>72
「栄養ブームなのだ。鉄分をとると、からだにいい」

75:
このダイナミックな発想。
no title

78:
>>75
恐竜戦車
タンク?せんしゃ?

94:
>>78
本放送はタンク、後の資料では戦車だったはずや。
セブン放送の数年前まで自衛隊は戦車を特車と言い換えしとったから、その影響やと想像しとる。
言うても、セブン放送の6年前には戦車って呼称復活しとったけどな。

85:
>>75
戦車の部分は日活映画のミニチュアをディテールアップ
恐竜部分は当時高山さんが担当していた「恐竜王子の流用」

79:
グレートの怪獣は生々しいのが多かった気がするんやが
円谷製ちゃうんか?やっぱ
no title

82:
>>79
ゴーデス怖かった(小声)

91:
>>79
円谷かはしらないがテーマが環境問題やからなあ
禍々しい自然の脅威を表したんやろうな

95:
わいが好きなのはニセシリーズですけどね
no title

97:
アントラーすき
no title

no title

no title

103:
うぃ~っす
no title

112:
>>103
ゴミらの改造らしいな

104:
no title

インパクトなら歴代1位

111:
>>104
こいつ派手に爆破されとったな

123:
名前もガンQとか言うストレート
瞳で笑う離れわざ

>> 次のページ、ウルトラマンの怪獣かっこいい(動画・画像あり) <<

106:
no title

no title

no title

ウルトラシリーズ以外の怪獣

115:
これやろ
no title

117:
可愛E
no title

131:
ピグモン
no title

ガラモン
no title

134:
>>131
逆ゥー!

156:
円谷プロも怪獣コンテンツの使い方が上手くないよな

173:
>>156
せやろか?この場合は広告代理店やが
no title

no title

no title

no title

179:
>>173
ワイのセンスの問題もあるけど
露出が多い円谷の怪獣って大体昭和やねんよなぁ・・・しかも同じ面子
平成でもデザインがええ怪獣いっぱいおるのに
起用法をもうちょっと考えてほしい

189:
>>179
昭和→愛嬌
平成→カッコよさ

ステ振りがやや偏り気味やから仕方ないね

157:
プリズ魔を忘れていたわい無能
no title

161:
>>157
有能

164:
最近ultramanを読んでるけど絵が雑だな
ストーリー0の方が面白い
あと、怪獣酒場は絶許
あとファミマ

168:
no title

ブルトンのデザインすこ

172:
no title

こいつすき

177:
ここまでヒッポリト星人なし

186:
>>177
忘れてた
no title

183:
やっぱりシーボーズがナンバーワン!
no title

192:
no title

no title

no title

no title

no title

no title

リフレクト星人すき

209:
キングオブモンス超強くて、格好良かった記憶

213:
3大ワイオススメのストーリー
1.思い出の先生(メビウス)

2.ガイア最終三部作

3.ティガ最終回

215:
1大クソストーリー

MAC全滅!円盤は生物だった!

220:
no title

no title


人型の敵すき

226:
>>220
わかるで

no title

no title

231:
ウルトラマ○コスモスの人型ならこいつ
no title

233:
>>231
閣下かと思った

238:
>>231
景清さんじゃないですか!
no title

248:
no title

かっこいい

265:
80はサブタイトルのセンスが草

266:
パチ○コにしか出ないのは勿体無い気もするが、
本編に出ても微妙な気がするダークキラー
no title

271:
no title

三人はどういう集まりなんだっけ?

272:
>>271
改めて変なポーズしてるな

280:
>>272
ヒッポリト星人のときのウルトラ兄弟のオマージュやろうね

>> 次のページ、ウルトラマンの新作映画怪獣の動画・画像など <<

282:
no title

ウルトラマンの新作映画の怪獣らしい

283:
>>282
右アントラーちゃうんか?

284:
>>283
アントラーの強化版らしい
あとゴルザも

290:

294:
かっこいい
no title

no title

297:
>>294
左なんやったっけダイナティガの映画?

298:
>>297
せやな

クイーンモネラ

めっちゃ強かった…

307:
no title


なんやこいつ?

310:
>>307
ベリュドラやな
100体以上の怪獣が合体しとる

311:
ウルトラマンで半魚人みたいなのがタンカー沈めようとしてるとこ好きだったわ。

315:
>>311
ラゴンやな
no title

314:
no title

316:
メトロンちゃぶ台シーンはいろいろ活用されてるな

331:
no title

こいつは本編にでてもええと思う

336:
あとはレギュラン星人の回やな
アスカの夢の中の話

337:
>>336
あの回ほんと草不可避やったなぁ
石ぶつけ作戦てネーミング草やわ
no title

342:
no title

こんなやつおるんやな

344:
ナイナイ岡村に似てる奴なんやっけ?

346:
>>344
トマール猿人やろ
no title

347:
>>344
元の名前は怪人プレッシャーやな

岡村がそれをモチーフにしてやってたのがプレッシャー星人
i320

おすすめ記事紹介

注目おすすめ記事

コメント

  1. 名前:名無しのチェックメイト 2016年01月24 03:20:13 返信

    高山良策先生は郷土の誇り!!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。