カテゴリ: オタク コメント: 0

姫「"ばかにはみえないふく"を、つくってもらったの」

姫「"ばかにはみえないふく"を、つくってもらったの」
1: 2017/11/26(日) 15:20:41.492 ID:n5pWqG3P0
「どう、さっそくきてみたのだけど、にあうかしら?」

そういって、おひめさまは、だいじんに”じまんのすがた”をみせつけました

「ひ、ひめさま、いったい!?」

だいじんは、かおをまっかにして、したをむいてしまいました

「あら、どうかしたのかしら?」

おひめさまは、そんなだいじんをふしぎそうなかおでみつめました

「ひ、ひめさま、そんなにちかづかないでください」

だいじんは、まっすぐじぶんをみてくる、そんなおひめさまのかおが

“ちょくし”できませんでした




2: 2017/11/26(日) 15:21:40.985 ID:AOcv/MLC0
姫様わざとやってるだろ




3: 2017/11/26(日) 15:21:57.743 ID:SQX5ZF2F0
あかずきんは?




10: 2017/11/26(日) 15:36:55.891 ID:n5pWqG3P0
>>3
あまりの”すれ”のもたなさに、かきだめをすて、
しんねたにいどむことにしました




11: 2017/11/26(日) 15:38:39.463 ID:SQX5ZF2F0
>>10
まってたのに
わたしはかなしいきもちになりました




おすすめ人気記事

5: 2017/11/26(日) 15:23:13.757 ID:+p/CjeUyM
メイドにしろ




6: 2017/11/26(日) 15:25:59.670 ID:WcVEe8e30
まるでバカにしか見えない服ですな




7: 2017/11/26(日) 15:26:50.394 ID:tCEGAYer0
>>6
言い得て妙 日本語の業




8: 2017/11/26(日) 15:27:42.561 ID:6yQflu9pd
バカに露出して楽しいか?




9: 2017/11/26(日) 15:35:44.751 ID:n5pWqG3P0
「あら、せっかく”とくしゅなきじ”でつくったふくで、”ぜんしん”をそろえてみたのよ」

おひめさまは、”むねをはり”、さいど

じぶんのすがたを、だいじんにみせつけました

「なにか、かんそうとかないのかしら」

だいじんはうつむきながら、かんがえました

ばかにしかみえないふく?なにそれ?

それが、だいじんのわたしに、みえない?

いや、そんなはなし、でたらめにきまっている

いや、しかし……

「ねえ、まさかだいじんのくせに、わたしのふくがみえないんじゃないでしょうね」

こんらんするだいじんに、おひめさまは、

まるでねらっているかのような、

“おとこのぷらいど”をしげきするひとことをいいはなちました




12: 2017/11/26(日) 15:40:42.685 ID:WcVEe8e30
>>9
間違ってるぞwww
「ばかにしかみえないふく」になってる




13: 2017/11/26(日) 15:45:06.269 ID:n5pWqG3P0
>>12
おまえらなら、のうないへんかんしてくれると
しんじることにして、つづきをのせることにします




14: 2017/11/26(日) 15:46:35.126 ID:n5pWqG3P0
「そ、そんなこと、あるわけないじゃないですか」

「そうよね、あたりまえよね、だいじんなのだから」

だいじんはおもいきって、おひめさまをちょくししました

「っ!!」

だいじんはますますかおをあかくし、またすぐにうつむいてしまいました

だめだ、まともにみれない

「ねえ、ここにつけてもらった”ぽけっと”がおしゃれだとおもうの」

おひめさまはそういうと、じぶんのむねのあたりをゆびさし、

だいじんにちかづきました

「ねえ、ちゃんとみてくれてる?」




15: 2017/11/26(日) 15:50:24.317 ID:+p/CjeUyM
いいぞ
メイドの方がいいけど




16: 2017/11/26(日) 15:57:49.919 ID:n5pWqG3P0
「っ!!」

“ひ、ひめさま、かおがちかいです”

それと、むねも……

だいじんは、はずかしさのあまり、なにもいえなくなってしまいました

「もう、なによ、ぶすいなおとこね、ふくのかんそうひとつ、いえないのかしら」

おひめさまはそういうと、だいじんにせなかをむけ、どこかへあるきはじめました

「も、もうしわけありません」

だいじんはこごえで、つぶやきながら、おひめさまにめをむけました

うしろすがたなら、なんとかちょくしすることができました

まさか、うつくしいおひめさまの、”こんなすがた”をみることがあろうとは

だいじんは、ひっそりとそのうしろすがたをめにやきつけました




17: 2017/11/26(日) 16:07:54.144 ID:k7pfw4z70
それから?




18: 2017/11/26(日) 16:08:59.595 ID:n5pWqG3P0
「しかたない、ほかのひとにみせてくるわ」

おひめさまはざんねんそうなこえで、そういうと、

だいじんのいたへやをあとにしました

――

「……ふう、やれやれ」

ようやくだいじんがおちつきをとりもどすと、

おひめさまがむかっていった

ほうこうのことをおもいだしました

そちらには、へいしたちのいるへやがあったのです

まさか……

だいじんのあたまに、これいじょうないふあんがおそいました

「ちょ、ちょっとおまちください、ひめさま」

だいじんはいそいで、おひめさまをおいかけていきました




19: 2017/11/26(日) 16:15:24.874 ID:n5pWqG3P0
だいじんが、せいいっぱいいそいで

へいしたちのへやへむかいましたが、

だいじんがついたころには

おひめさまは、すでにたくさんのへいしのまえで、

“じまんのすがた”をひろうしていました

へいしたちも、だいじんどうよう、

“ぱにっく”をおこしているさいちゅうでした

「ひ、ひめさま、いったいなにをしてらっしゃるのですか?」

「あら、なにかしら?」

だいじんがこえをかけると、おひめさまは、

なんのちゅうちょもなく、だいじんのこえのするほうへ

ふりむきました




21: 2017/11/26(日) 16:18:37.501 ID:sc/ytzVM0
だいじんもこんらんしてばかにはみえないふくを
ばかにしかみえないふくと心の声がパニックになってるようだ




22: 2017/11/26(日) 16:22:09.306 ID:n5pWqG3P0
「っ!!」

だいじんは、ふたたびかおをあかくしましたが、

こんどはひめさまから、めせんをはずしませんでした

「ひめさま、おたわむれはよしてください!」

「あら、わたしは”じまんのふく”をひろうしているだけよ、なにがだめなのかしら」

おひめさまは、かれいに”いっかいてん”し

じぶんのすがたをまわりにみせつけました

そのすがたの”うつくしさ””かわいらしさ”に

だいじんや、まわりにいたへいしたちのだいぶぶんは、

おもわずみとれてしまいました




23: 2017/11/26(日) 16:35:01.660 ID:n5pWqG3P0
「ひ、ひめさま、それは、”ばかにはみえないふく”なのです

 だれかにみせるときには、じゅうぶんちゅういされてください」

だいじんは、ひめさまにおもいきってちゅうこくをしました

「ここにいるへいしたちは、ほとんどが”がくのない”ものたちです

 ひめさまのふくがみえないものには、ひめさまの、

 だ、”だいじなすがた”がみえてしまいます」

だいじんはかおをまっかにしたまま、いいました

しかし、それをきいたおひめさまのかおは、

もっとまっかになっていました




24: 2017/11/26(日) 16:44:22.184 ID:n5pWqG3P0
「ちょっとだいじん、なにをいっているの!」

ひめさまは、へやじゅうのへいしたちにきこえる

おおきなこえで、いいました

「ここにいるひとたちは、たしかに”べんきょう”はあまりしてこなかったかもしれない」

 でも、だからといって”ばか”だなんて、わたしはおもわないわ」

そう、おひめさまはおこっていたのです

「へいしさんたちは、ひごろ”いのちをかけて”くにをまもってくれているのよ

 そんなひとたちに、なんてことをいうのよ」

おひめさまのねつべんがとまりません

「すくなくとも、わたしにとっては、とってもだいじなひとたちだわ

 だから、だいじなおようふくを、みてもらいたかったの

 へいしさんたちのおしごとのじゃまをしたなら、あやまるわ

 だけど、へいしさんたちのわるくちをいうのは、やめてくれるかしら」

まわりにいたへいしたちは、おもわずききいってしまっていました




27: 2017/11/26(日) 16:51:14.483 ID:n5pWqG3P0
「もし、あたまをつかうことがにがてだったとしても、

 それは”ばか”とはちがうわ 

 こんなすてきなひとたちのなかに、”ばか”なひとなんてきっといない

 そうしんじているから、わたしは、はずかしさなんてかんじることはないわ」

おひめさまは、まだまだつづけます

「ううん、へいしさんたちだけじゃなく、このくにではたらくひと、

 みんながそうだと、わたしはおもっているわ」

「だいじんだって、いつもこのくにのために、がんばってくれているでしょう

 だからわたしは、あんしんしてこのふくをみせることができるのよ」

きがつくと、だいじんはうっすら”め”に

“なみだ”をためていました

「ひめさま……そこまでこのくにのことをおもっていたなんて……」




30: 2017/11/26(日) 16:57:50.311 ID:n5pWqG3P0
まわりにいたへいしたちも、ひめさまのことばに

かんげきしてしまっていました

「ふんっ」

おひめさまは、おこったまま、そのばをあとにし、

じぶんのへやへむかっていきました

「ひめさまのふく、きれいだったよな」

「ああ、まったくだ」

「センスがよかったよな」

おひめさまがさったあと、へいしたちはくちぐちに

こういいました

「たしかに、あの”ぽけっと”かわいらしいかったですな」

だいじんまで、こういいだしました




32: 2017/11/26(日) 17:03:13.530 ID:k7pfw4z70
きれいなおはだ




33: 2017/11/26(日) 17:11:58.473 ID:n5pWqG3P0
おひめさまのねつえんに、かんげきしたへいしたちは、

そのうわさをまわりにつたえはじめました

そんなにひろくないおしろでしたので、

じょうないではたらくひとたちへは、あっというまにひろまっていきました

くにをおもうきもちに、おうさままでかんげきし、

おひめさまをげきれいしました

おうさまは、おひめさまが、その”とくじゅなふく”を

なんぱたーんもつくってもらったとはなしていたこともきき、

“まいにち”きるように、おねがいをしました

こくみんをおもうきもちを、”そんなかたち”であらわすなんて、

すばらしいことだとかんげきしていました




34: 2017/11/26(日) 17:12:46.396 ID:icMC3tTK0
姫自身にはその服は見えているのか?




35: 2017/11/26(日) 17:14:28.428 ID:kQwIk2X50
姫自身がばかにはみえないってこと?




36: 2017/11/26(日) 17:17:16.772 ID:n5pWqG3P0
すうじつごには、おひめさまが”そのすがた”で

せいかつすることがあたりまえになっていました


はたらくひとたちへの”しんらい”というかたちで、

“ばか”にはみえないふくを、なんのはじらいもなくみせている


それがみんなにもつたわっていましたので、

“おひめさまのふく”がみえなかったひとは、

そのことをいいだすことは、できませんでした



おひめさまがこんなにじぶんたちをしんらいしてくれているのに、

なんでじぶんにはみえないんだ

“みえなかったひと”はそうじぶんをせめて、

みえるふりをしていました




37: 2017/11/26(日) 17:19:18.404 ID:kQwIk2X50
しだいにおひめさまのはたれていきました




38: 2017/11/26(日) 17:28:40.697 ID:n5pWqG3P0
「ちょうしにのりすぎた」

あるひ、おひめさまは、ひっそりとつぶやきました

ばかにはみえないふく?

そんなのあるわけないじゃない

「はぁ……」

おひめさまは、きょう”なんどめ”かのためいきをつきました

なんでこんなに、すんなりとみんながしんじてくれたのか、ふしぎでした

ほんとうは、みんなきがついていて、

わたしをばかにしてたらどうしよう

さいきんは、そんなことが、ずっとあたまのなかをめぐります

ごめんなさい、ちょっと”すりる”をあじわってみたかっただけなの

ほんの、できごころだったの

おひめさまは、いまさらあとにはひけなくなってしまっていました




40: 2017/11/26(日) 17:53:42.787 ID:n5pWqG3P0
なんで、こんなことしてしまったのか

そのきっかけをふりかえってみることにしました

――

すこしまえ、おひめさまがじぶんのへやで

“きがえ”をしていたときのことでした

「しつれいします」

“のっく”とともに、だんせいのこえがしました

「どうぞー」

“おつきのじょうせい”がついうっかり、はんしゃてきにへんじをしてしまいました

きがえていたさいちゅうのおひめさまは、

はいってきた、だんせいと”め”があいました

おひめさまに、しょうげきがはしります

「っ!!しつれいしました」

だんせいは、かおをまっかにしながらとりみだし、

いそいでとびらをしめました

おひめさまは、おとこのひとに、そんなすがたを

みられたことははじめてでした

「も、もうしわけありません、おひめさま、もうしわけありません」

おつきのじょせいのあやまるこえなど、みみにはいらず

おひめさまは、じぶんのむねのたかなりをきいていました




41: 2017/11/26(日) 18:01:05.010 ID:n5pWqG3P0
つぎのひは、とってもかぜがつよいひでしたが、

おひめさまは、あえて”すかーと”でがいしゅつをしました

「きゃっ」

かぜで”すかーと”がめくれたとき、

おひめさまは、てで”すかーと”をおさえることはせず

ちかくにいただんせいが、はずかしそうにめをそらす

ようすを、どきどきしながらながめていました

そして、つぎのひは、

わざとそとでころび、ようふくのおしりのぶぶんをやぶいてしまいました

おひめさまは、やぶれたぶぶんをかくすようなことはせず、

しばらくそのまますごしていました

わざとふくがやぶれていることには、”きがつかないふり”をして

まわりのはんのうを、どきどきしながら、よこめでみていました

そしてつぎのひも、にたようなことをし、

だんだんと”えすかれーと”していきました




43: 2017/11/26(日) 18:08:08.607 ID:n5pWqG3P0
おひめさまはかんじていました

みんながじぶんとはなしをするとは、

みんな”かしこまって”はなしをします

おひめさまは、みためがうつくしく、ふだんはまわりから

“ひんこうほうせい”にみられていたため、”おかたい”こえの

かけかたしか、されませんでした

じぶんのまえで、だれかが

あんなにとりみだし、かおをあかくするすがたなど

ひさしくみていませんでした

その”こうい”がだんだんと、”くせ”になって、やめられなくなっていました




44: 2017/11/26(日) 18:13:02.889 ID:n5pWqG3P0
そして、ふとおもいついたのです

“ばかにはみえないふく”の”あいであ”を

おひめさまは、われながら”てんさいてき”な”あいであ”だと

おもいながら、ねりにねった、そのさくを、じっこうしました

ほんとうは、どこかでだれかにたしなめられ、

おこられて、すぐにおわるだけのよていでした

“だれかにおこられる”ことも、

おひめさまはあまりなかったのです

へいしたちのへやでの”ねつべん”は、

つい、うっかりというか、

つい、はなしだしてしまったら、とまらなくなってしまったというか

つい、ちょうしにのってしまったというか




45: 2017/11/26(日) 18:18:34.368 ID:n5pWqG3P0
――

「おひめさま、おはようございます」

“とくしゅなふく”をきたおひめさまに、だいじんがこえをかけました

「お、おはよう」

おひめさまは、えがおでへんじをしました

へいせいをよそおっていますが、

ほんとうははずかしくてしかたがありません

だいじんの”め”が、すごく”きをつかっため”に

なっています

みんな、”ふくがみえない”とおもわれたくないようです

まさか、おうさままで、”ふくがみえる”ふりをするなんて

おひめさまは、みんなへのもうしわけなさで、いっぱいになりました




46: 2017/11/26(日) 18:19:06.696 ID:n5pWqG3P0
だってだって

みんな、きょりがとおいんですもの

えんりょして、だれもちかずいてくてなかったんですもの

だれも、きさくにはなしかけてくれなかったんですもの




47: 2017/11/26(日) 18:31:23.065 ID:n5pWqG3P0
そんなきもちとはうらはらに、おひめさまのなかに、

あるかんじょうが、めばえはじめていました

「おひめさま、きょうも”すてきなふく”ですね」

「そう、いいでしょ、きょうはこんなふくもいいとおもって」

きゃー、なにをいっているのかしら、わたし

ほんとうはきがついていたら、どうしようかしら


おひめさまは、むかしから、”すたいる”のよさを

ひとしれずがんばって、いじしていました

“ごめんなさい、みんな”

そうおもいながら、

“もっとみて”というきもちがおさえられませんでした

むねのどきどきが、とまりませんでした

おひめさまは、めばえている、かんじょうの

しょうたいが、”はいとくかん”だということに

きがつくまで、しばらくじかんがかかりました




56: 2017/11/26(日) 20:54:43.374 ID:NfwkLFsj0
神SS




57: 2017/11/26(日) 21:03:38.325 ID:n5pWqG3P0
おしろをあるいていると、おひめさまは、

じぶんのことを”ぎょうし”しているへいしに、きがつきました

「へいしさん、いつもおつかれさまです」

おひめさまは、”えがお”でそういいながら、

そのへいしへ、ちかづいていきました

「あ、いや、ど、どうも」

そのへいしは、すこしあわてながらも、つい

おひめさまの”むね”から、しせんがはずせませんでした

「あら、わたしのふくに、なにかついているかしら」

そのしせんにきがついたおひめさまは、あえてこんなことをいってみました

「このあたりについているの?どこかしら?」

そういいながら、じぶんのむねをゆびさしながら、

つきだし、へいしにみせつけました




59: 2017/11/26(日) 21:07:20.808 ID:n5pWqG3P0
「い、いえ、おひめさまの”すてきなふく”に、ついみとれてしまいまして」

へいしは、あわてながら、こんないいわけをしました

そのひっしなすがたをみると、

おひめさまは、こうふんがおさまりません

「そうそう、”このふく”おきにいりなのよ」

とういいながら、おひめさまは、いぜんのように

かわいらしく”いっかいてん”しました

へいしは、そのかわいらしさに、みいってしまいました

「この”ふりる”が、いいとおもわない?」

そういって、おひめさまは、こしのあたりで

てをひらひらとして、へいしに、かはんしんをみせつけました




61: 2017/11/26(日) 21:19:40.185 ID:n5pWqG3P0
「は、はい」

へいしは、きょどうふしんになりながらも、

こんどはおひめさまの、かはんしんをぎょうししました

「そうそう、この”ふりる”、うしろに、ぼたんがついているのも

 かわっているでしょう?」

そういいながら、こんどはへいしにせなかをむけ、

おしりをつきだしてみせつけました

へいしは、それをまたぎょうししながら、

こころの”おくそこ”で、ひっそりとおもいました

“おれ、ばかでよかった”

“ばかでよかったよ”




62: 2017/11/26(日) 21:48:28.257 ID:n5pWqG3P0
「いつまでやっているんだ、あの”ばかむすめ”は」

そういいながら、おうさまは

そんなおひめさまのようすを、ひややかにみつめていました

じつは、おうさまは、とちゅうからきがついていました

おうさまは”せんじつ”、

おひめさまにこえをかけたとき、おひめさまのかたに

てをおきました

そのとき、たしかにかんじたのです、おひめさまのかたのぬくもりを

“みえない”だけなら、かたのかんしょくが

つたわるはずがないのです

おそれおおくて、じっさいにおひめさまに”ふれる”ことは

ほかにだれもしていないようすでした




63: 2017/11/26(日) 21:51:16.495 ID:n5pWqG3P0
そこでおうさまはれいせいになり、かんさつしてみると、

まわりのしせんに、おひめさまが、あきらかに”はんのう”

していると”かくしん”したのです

おうさまは、あきれかえっていました

みえをはって、いつまでもきがつかない、しろのにんげんに

あんなうそに、いっときでもだまされてしまったじぶんじしんに

そして、おひめさまの”ばか”さに

なにもいわず、しばらくようすをみることにしていたのです




65: 2017/11/26(日) 21:58:58.671 ID:n5pWqG3P0
――

「おひめさま、こんにちは」

「おひめさま、きょうも、すてきなふくですね」

「おひめさまのふくは、”せんす”がいいわ」


さいきん、おひめさまにはなしかけてくるひとが、

かくだんにおおくなりました


いぜんのおひめさまは、”おじょうひん”で”あたまがよく”

そのかわりに、”とっつきにくい”ぶぶんがありましたので、

おひめさまにはなしかけてくるひとは、だいじんなど、

いちぶのきまったひとにかぎられていました

こんなにたくさんのひとたちに、こえをかけられるのは、はじめてでした

そういういみでも、おひめさまはよろこびをかんじていましたので、

ほんのすこし、こうおもってもいました

“はだかのおひめさま”も、わるくないわね

おひめさまは、”おげひん”で”ばか”なことをやっていますが、

ほんのすこし、”とっつきやすく”なったようでした




67: 2017/11/26(日) 22:04:24.966 ID:n5pWqG3P0
よくじつ

「きょうも、すてきなふくですね、おひめさま」

またひとり、じょせいがおひめさまに

はなしかけてきました

「ありがとう」

そうえがおでいいながら、おひめさまは

じぶんにはなしかけてくるひとのいうことが、まいかい、にかよっている

ことにきがつきました


おひめさまの”えんぜつ”に、じゅんすいに

こころをうたれたひともいましたが、じっさいに

“きさく”に、はなしかけてくるひとは、

“ふくがみえる”とあぴーるがしたいひと

“ひらきなおって、おひめさまのはだかがみたいひと”

が、たいはんだったのです

ここで、おひめさまは、じぶんの”こころ”が

はだかになっていないことに

はじめてきがつきました




69: 2017/11/26(日) 22:18:29.406 ID:n5pWqG3P0
おひめさまは、いままで、つねに”かんぺき”をめざしていました

“りそうのおひめさま”をめざして、まいにちがんばっていました

しかし、その”がんばり”と、”きもち”とはうらはらに、

なぜかひとがはなれていきました

“たにんに、すきをみせたくない”

おひめさまは、いままでそうおもってこうどうして

いましたので、そのせいかもしれません

いまは、その”かんぺきさ”にたえられなくなり、

ぼうそうしてしまったおひめさまですが、

“はだか”になったいまでも、

“なるべくきれいなすがた”をみせつけたい

そうおもっていました

しかし、そうやってたどりついたさきには、

おひめさまが、ほんとうにめざすものはなかったのです

おひめさまは、あるけついをかためました




70: 2017/11/26(日) 22:27:03.842 ID:n5pWqG3P0
そのよくじつは、おしろでだいじな”しゅうかい”がありました

じょうないのひとや、こくみんもあつまってきていました


その”しゅうかい”のなかで、おひめさまが、こくみんへむけて、”すぴーち”をする

じかんがもうけられていましたので、

おうさまは、きがきではありませんでした

きょうのしゅうかいは、ぶだんのおしろとはちがって、

こどもたちもくるよていでしたので、

もしきょうも、おひめさまが”とくしゅなふく”でくるようでしたら

おもいきって、ちゅういしようとかんがえていました

しかし、おひめさまは、じぶんが”すぴーち”をする

じかんちょくぜんになっても、なかなかあわられません




71: 2017/11/26(日) 22:40:04.854 ID:n5pWqG3P0
みんなのまえにすがたをあらわすと、

こくみんは、すこし、おどろきました

ひめさまのおかしなかっこうにたいしても、そうですが、

それより、みんなはこうおもいました

“きょうは、ようふくがみえる”と

「みなさん、こんにちは」

おひめさまのはなしが、はじまりました




72: 2017/11/26(日) 22:42:07.846 ID:n5pWqG3P0
「きょうは、じつは、いつもの”ばかにはみえないふく”はきてきませんでした」

「というか、じつは……」

いきなり、いちばんきになっていた”ふく”のはなしになりましたので、

こくみんのちゅうもくが、いっきにあつまります

「わたし、”ばか”なんで、じつは、わたしにも”あのふく”はみえていませんでした」

「だましてごめんなさい、あっはっは」

おひめさまは、てをたたきながら、みんなのまえで

おおごえでわらいました

とつぜんのことに、みんなあたまがおいつかず、

かいじょうがあぜんとしてしまいました




73: 2017/11/26(日) 22:48:50.427 ID:n5pWqG3P0
「ばかなむすめだ、わっはっは」

ちかくにいたおうさまが、みんなにきこえるこえで、おおごえで

わらいだしました

「この、”へんたいひめ”が、はっはっは」

おうさまは、おおごえで、さらに”つっこみ”をいれました

「そうです、わたし、へんたいなんです」

そういって、おひめさまは、こくみんのまえで、

“おもしろへんがお”をし、おどけてみせました

おひめさまが、はじめてこころを”はだか”にしたしゅんかんでした




74: 2017/11/26(日) 22:50:46.098 ID:n5pWqG3P0
「くすっ」

かいじょうから、ちいさなわらいごえがきこえました

それをかわきりに、こくみんは、おおごえでわらいました

「わっはっはー」

「なんか、へんだとおもったよー」

あるものは、みえをはっていたじぶんがはずかしくなり

あるものは、”ばかなひめさまだ”とおもったり

それぞれのりゆうで、おおわらいしました

こくみんのこころも、そのいっっしゅんだけ

“はだか”になりました




77: 2017/11/26(日) 23:02:38.340 ID:n5pWqG3P0
わらいがひととおりしずまると、おひめさまの

“すぴーち”がつづきます

「ほんとうにごめんなさい、でも、”ばか”ってわるいことでは

 ないとおもうの、わたしがいちばんいいたいのは、それ」

こくみんは、ふたたびおひめさまにちゅうもくしました

「いままで、わたしはどうみえていたかしら

 おかたい、”かしこいおひめさま”かしら

 でも、そんなわたしでも、こんなぶぶんがあるの」

「みえをはったり、いいぶぶんだけをみせようとしても、しかたないわ」

おひめさまは、じぶんにもいいきかせるようにして、いいました

「ばかでもなんでもいいじゃない、まえをむいて、おもいきっていきましょう

 みんなも、それでいいとおもうわ、だって……」

「このくにのひめだって、こんなに”ばか”なんだもの」

おひめさまはそういうと、ふたたび

“へんがお”をひろうしました

こくみんは、ふたたびおおわらいしまいた




79: 2017/11/26(日) 23:13:38.810 ID:n5pWqG3P0
そのひから、おひめさまが”とくしゅなふく”を

きることはなくなりました

そのかわりに、

“へいみん”がきるものとおなじようなふくをきていたり、

また”きじゅつし”がきるようなおもしろいかっこうをしたり、

いままできていたごうかなふくは、めったにきなくなりました

――

あるひは、”はだか”までいかなくても、

ちょっと”ろしゅつのたかいふく”をきていました

「ちょっとひめさま、そういったこういはひかえてくださいな」

「わー、またひめさまが、へんたいになったー」

まわりのかけるこえは、あきらかにいぜんとちがっていました

おひめさまも「いやーん」などと、

ふざけたりあくしょんで、ふざけたりしていました




80: 2017/11/26(日) 23:16:32.718 ID:n5pWqG3P0
「こんなことをされては、”おうぞくのけんい”が……」

だいじんは、あたまをかかえていました

しかし、そんなきもちをよそに、

おひめさまは、すがしがしいきもちでいました

たしかに、”けんい”をたもつために、

“かしこいすがた”や”りっぱなすがた”をみせることは、たいせつだけれど、

ひとりくらい、したしみやすい”ばかなおうぞく”がいても

いいんじゃないかとおもっていました

それいご、おひめさまは、ちゃんとふくをきていたにもかかわらず、

“はだかのおひめさま”とよばれつづけました




81: 2017/11/26(日) 23:20:29.000 ID:n5pWqG3P0
おひめさまのそんなすがたを、

おうさまは、すこしうらやましいようすでみていました

「わしも、”はだかのおうさま”をめざそうかな、はっはっは」

そんなことをいって、おおわらいしました

――

こんご、おひめさまが、めざめた”せいへき”と

おひめさまの”せいへき”をにんちしているひとたちとの、

ぼうそうばなしがあるのですが、

それはまた、べつのおはなし




82: 2017/11/26(日) 23:21:06.094 ID:n5pWqG3P0
ねるので、いったんおわり
おやすみなさい




83: 2017/11/26(日) 23:21:43.866 ID:qtS1bdH80
面白かった





84: 2017/11/26(日) 23:22:02.000 ID:Tn8J5aea0
乙面白かった
この姫様は信頼されそう




87: 2017/11/26(日) 23:23:07.063 ID:PmBj4PNOH
おもしろしった




89: 2017/11/26(日) 23:30:50.848 ID:uIShGquW0
ええのう




92: 2017/11/26(日) 23:58:58.076 ID:PHlzh6sN0
すんげえよかったわ
ありがとう




93: 2017/11/27(月) 00:51:14.319 ID:YKg4u/RC0
おつ
次回作に期待




おすすめ記事紹介

注目おすすめ記事

おすすめサイト最新記事一覧

コメント

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。