カテゴリ: 声優 コメント: 0

声優・田村ゆかりさん、今回の騒動について説明「本人の意向を尊重し、契約終了」 と公式ページで経緯発表

声優・田村ゆかりさん、今回の騒動について説明「本人の意向を尊重し、契約終了」 と公式ページで経緯発表
1:

声優・田村ゆかり“一斉終了”は契約終了に伴うもの キングレコード、所属事務所が連名で発表

Tamurayukari

 アニメ「魔法少女リリカルなのは」シリーズの高町なのは役などで知られる人気声優で歌手の田村ゆかりが10日、公式サイトで冬ライブ開催中止、ラジオ番組の終了などを一斉に発表し、ファンの間で騒動となったことを受け、所属レコード会社であるキングレコードと所属事務所のアイムエンタープライズは13日、田村の公式ホームページで“一斉終了”の経緯を連名で発表した。

 発表では田村とキングレコードの専属契約が3月20日をもって契約満了であるとし「キングレコード株式会社、田村ゆかりオフィシャルファンクラブ『Mellow Pretty』と致しましては、引き続き弊社での音楽活動を強く希望しておりましたが、田村ゆかり本人の今後の活動についての意向を尊重し、契約終了とさせて頂くこととなりました」と説明した。

 2003年から続く文化放送「田村ゆかりのいたずら黒うさぎ」、及びネットラジオ「喫茶 黒うさぎ ~秘密の小部屋~」の終了については、両番組ともキングレコード提供による放送であり、契約終了に伴い、放送局の了承の上で終了する運びとなったとした。ファンクラブについては4月1日から移管することが既に発表されている

 開催が昨年発表された冬ライブの中止については「ライブ開催へ向けてこれまでの運営方法を鑑み、本人へ制作体制の見直しの申し入れを行いました。ファンの皆様へのご期待に応えるべく、度重なる調整を行いましたが、本人の強い意向によりライブの開催を断念せざるを得ない状況となりました」と状況を説明

 今後の活動についての発表は「リニューアル後の田村ゆかり公式サイトにて行わせて頂きます」としている

 10日にラジオの中止などの“一斉終了”が発表されると田村のファンからは心配の声が数多く上がり、病気療養説や声優引退説など多くの憶測が飛び交う事態となっていた。

田村ゆかり とは


田村 ゆかり(たむら ゆかり、1976年2月27日 – )は、日本の女性声優、歌手、ラジオパーソナリティ。アイムエンタープライズ(事務所)、キングレコード(レコード会社)に所属。
福岡県出身。公式ファンクラブは「Mellow Pretty」。

tumblr_mvfgf4EM9j1qaysjmo1_1280

6:
露出に厳しかったりファンとの交流に制限かけたりしてたからな

8:
この発表で
どの心配がどう解消されるのかがよく分からないが
とにかくひと安心だな

10:
ゆいかおりは無事でいてくれ

おすすめ人気記事

引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1455331810/

11:
なのはシリーズも終了か

12:
公式ページの内容見るとどうも歌手活動の方向性でキングと相違があったのかな
ヒラヒラの衣装着て王国民と言う名のキモオタに媚売るのも疲れたんだろうな
もういい歳のベテラン声優だからな

14:
イメチェンするには良いタイミングなのかもね

15:
つまりどういうことだってばよ?

494:
>>15
王国崩壊

18:
どこの事務所に移籍するの?

22:
これが声優

23:
よく分からんけど要するにこれって引退ってことなの?

24:
ゆかりん大丈夫なの?心配

25:
キャラ変えるんだろうね
放り出された王国民が我に変えるときが楽しみだ

31:
何があったんだろう
ゆかりん説明してくれ

39:
とりあえず引退ではなさそうで良かった良かった。

51:
ブログをUPしたね。
いつも支えてくれている皆さんへ。

||||| Diary – 田村ゆかり Official Web Site [ Tamura Yukari.com ] |||||

tamurayukari-diary


2016.02.13


いつも支えてくれている皆さんへ。

突然の発表で驚かせてしまってごめんなさい。
そして、心配してくれてありがとうございます。
見るの怖いなぁ・・って思いながらも、ツイッターなど見させていただいています。
これは私が自分らしくあるために、たくさん悩んで、いっぱい考えて出した答えです。

ここで、新しい場所をお知らせ出来れば、
みなさんに安心していただけるのだと思います。
ですが、まだお知らせできない私のふがいなさを許して下さい。

今まで大切に育てて下さったキングレコードさんには本当に感謝しています。
以前のメーカーさんから移籍をする際に、
「ゆかりは絶対にラジオを続けた方がええんや」
と、キング内で、なんの実績もない私がラジオを継続できるよう、
走り回って下さったのは、当時プロデューサーだった三嶋さんでした。
地上波のラジオで番組を持つのは、とても大変なことです。
実績0の私なんかの為に、色んな方に頭を下げて番組が続けられるようにしてくれたんです。

いたずら黒うさぎ13年間。
はじめは、いつもの人見知りでツンツンおどおどしていましたが、
スタッフのみなさんのおかげで、自由に楽しく番組を続けることができました。
30分番組では珍しく、2本録りではなく毎週1本ずつ録音。
別に2本録りでもいいんだけど、なんとなく。
毎週の方が、みんなの顔が見える気がして。
ハガキの文字を見たら「あの人だ」って思い浮かぶ。
消印を見たら「あの人かな?」って思える。
そんなあたたかい空間が大好きでした。
他の番組にくらべたら、うちの番組はスペシャルな事は少なかったけど、
それでも、毎週かならず声を届けることが出来る。
私は、それだけで、十分だったんです。

ずっと聴いてくれてありがとう。
久しぶりに聴いたよって方も、昔聴いてたって方も。
あなたの、大切な時間を預けてくれてありがとう。
いつか時間がたった時に「あんな事あったなぁ」って
ふと、思い出してくれたら、とても嬉しいです。

契約は終了しますが、歌を歌うことをやめるわけではありません。
逃げたくなる時も、目を背けたくなってしまうこともありました。
CDが全然売れなくて、もう次は出せないかもしれない。
そんな時に、当時のメーカーの方に
「この子のCDをもっとださないと!絶対伸びるから!」
と後押しして下さったのも三嶋さんでした。

当時は、違うメーカーでA&Rとして接してくださっていたのですが、
その強い言葉があったから続ける事が出来ました。
他メーカーの私にアニメの主人公とタイアップを持ってきてくれたり、
「どうして、ここまでしてくれるのだろう?」と不思議に思っていました。

「歌を歌う」誰にでも出来ること。
だけど、私だから歌える歌もある。

そういう事だったんだと勝手に思っています。
私は決して歌が上手い方ではありません。
声量だってびっくりするくらいありません。
それでも、そんな私だけに歌える歌。

三嶋さんは、ずーっと昔から見抜いていてくれてたんだと思います。

プライベートの悩みにも親身になって相談に乗ってくれていました。
出逢ったばかりの頃から、これまでずっと。
夜中に長電話なんて当たり前。
「俺は担当したアーティストは全ての事を最優先で面倒みるんだ!
シモの世話だってする覚悟や!」なんて冗談で言ってくれるくらい(笑)
あ、もちろん、これは本当に冗談ですよ!
変な誤解しないでくださいね。

普通は、歌を作るときにはメーカーさんの意向が反映されたりするものですが、
私の場合は、とても自由にやらせてくださっていました。
タイアップでどうしても!って決めごとがあっても、
キングレコードゆかり組のディレクター陣は、踏ん張って踏ん張って、
少しでも私が思い描く形に近づくようにがんばってくれていました。

嫌な思いもつらい思いもたくさんしていたんだと思います。
だけど、それは私にはみせずに。
ただただ「ゆかりさんの為に」とがんばってくれていました。

「ゆかりがもう歌いたくない!って思うまで協力する!」
三嶋さんは、いつもそう言ってくれていました。
そして、それは、きっといまでも。

今回、私のわがままで、契約終了という形になってしまいましたが、
三嶋さんはそっと背中を押して下さいました。
言いたいことはたくさんあったでしょう。
だけど、恩知らずの私に何も言わず「わかった」と言ってくれました。

だんだん顔をあわせる機会が少なくなり、意思の疎通が上手く行かず、
意見が食い違う事も増えていました。
それでも、多くを語らず背中を押してくれました。
お嫁に行く娘にするように。
話し合いの時に、意地を張っていた私は、
三嶋さんにきちんと伝えられなかった言葉があります。
そして、三嶋さんと最後にあった時の顔が悲しい顔だったのが心残りです。

たくさんの私の大切な歌たち。
歌い続けて、もっと人間的に成長して必ず恩返ししたいです。

40という人生の節目の無謀な決断を許してくれてありがとうございます。

正直、不安だらけです。
自分に何が出来るのか、まだ必要とされているのか。

「みんながいないと生きてる価値がない」
嘘ではありません。本当の気持ちです。

だけど。
あなたたちひとりひとりが支えてくれているから価値がある。
そう思っています。

簡潔にしようと思ったのに、長々と書いてしまいました。
読みにくくてごめんなさい。
たくさんの想い出が溢れてきて、とても書き切れないです。

キングレコードにいた9年間。
楽しかった事がいっぱいです。
たくさんの人がいたけど、うちは変なスタッフさん多かったなぁ(笑)

みんなみんな。
大切な想い出。大切な宝物。

これからも。
私が私らしくあるために前向きにがんばっています。
私が「前向きに」とか言うと嘘っぽいかな?
だけど、ここに書いてることは、全部、私の本当の気持ちです。

たくさんの感謝と、少しの勇気をもって歩いていきます。

基本的にはネガティブですけど(笑)
これからも、きっとみなさんを不安にさせることでしょう。
もやもやさせることでしょう。

こんな私だけど、側にいてくれると嬉しいです。
これからも、たくさんの想い出を一緒に作っていけたら嬉しいです。

そして、最後にあの時伝えられなかった「ありがとう」の花束を
いつか届けさせてもらえるように見守っていて下さい。

私の大切なみなさんへ。愛をこめて。

190:
>>51
40ってはっきり言っててワラタ

58:
なんか問題あんの?

75:
40までアイドル出来る業界ってすげーな

77:
本名は知らんが”田村ゆかり”を演じるのに疲れたのだろなw 

118:
ファンクラブ移管するって書いてたし予想通りだな
病気療養説や声優引退説が出る意味が分からなかったが

158:
ん?田村ゆかり側の意向なの?

167:
前の事務所はどこだっけ

マネージャーとの関係が気になる

176:
>>167
アーツビジョン

関係ないけど、アニスパの最初の方の回を聞き直していたら
その時は浅野、田村、堀江さんが同じ事務所だったんだなと思った

198:
>>176
ありがとう

そこから今の事務所移った時に
マネージャーさんも一緒に移ったって聞いたけど
まだ同じ人なんだろか

306:
年齢的にキツクなってきたんだろ

307:
>本人へ制作体制の見直しの申し入れを行いました。

ゆかりん的にはこれが気に食わなかったんだろうな

よく読まれている人気記事

あなたにオススメ

あなたにおすすめのアイテム

コメント

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。