カテゴリ: アニメ コメント: 1

【速報】戸田恵梨香さん、10年ぶり映画「デスノート2016」にミサミサ役に再び「原点に返るような気持ち」

【速報】戸田恵梨香さん、10年ぶり映画「デスノート2016」にミサミサ役に再び「原点に返るような気持ち」
1:

戸田恵梨香、10年ぶりデスノート!ミサミサ再び「原点に帰るよう」

geo16030904050015-p1

 女優、戸田恵梨香(27)が、大ヒット映画の続編「デスノート2016」(佐藤信介監督、10月29日公開)に、10年前に演じた前作のヒロイン・弥海砂(あまね・みさ)役で出演することが8日、分かった。前作で銀幕デビューした戸田は「原点に返るような気持ち」と思い入れたっぷりに熱演。20代を代表する女優に成長した戸田が「デスノート」に恩返しをする。

geo16030904050015-p2

 映画「デスノート2016」は、06年に公開され、2部作で興行収入80億円超を記録した「デスノート」の続編。

 前作は名前を書いた人間を死なせることができる“デスノート”を持つ夜神月(ライト)ことキラ(藤原竜也、33)と世界的私立探偵、L(松山ケンイチ、31)の攻防を描き、話題になった。その中で、愛するライトのためにデスノートを使い“第二のキラ”となるヒロインが、戸田が演じたミサミサの愛称を持つトップアイドルの海砂だ。

 戸田にとっては映画デビュー作で、無邪気な性格にして過激な行動力を併せ持つ難役を好演し、原作漫画&映画ファンの支持を集めてブレークのきっかけになった。

 その海砂が10年の時を経て復活。前作の10年後を描く新作では、デスノートを使用しながら唯一生き残った人物として、デスノートをめぐる新たな戦いのカギを握る。

 戸田は10年前に“完結”したキャラを再び演じることにプレッシャーを感じたといい、役者を始めた当時の演技を振り返り、「(昔に)戻るべきなのか、進むべきなのか…今の自分だったら海砂をどう演じられるのだろうか?」と悩み抜いた。

 試行錯誤の中で、現在の海砂の感情を監督と確認し合い、髪形や衣装にもこだわって役作り。「今回の参加は恐怖の方が強かった。スクリーンデビューさせていただいた作品なので思い入れは強くて…」と熱く語る。

 同作の佐藤貴博プロデューサーは、戸田について「脚本段階からアイデアも出し、大人の女優として成長した海砂の美しさを表現してくれた。その上で、しぐさや話し方のちょっとしたクセなどに、絶妙に『弥海砂らしさ』を織り交ぜてくれた演技力は絶品です」と太鼓判を押す。

 人気キャラの“復活”は、ファンの間で大きな話題になりそうだ。

★主演に東出、川栄は“無差別殺人犯”

 「デスノート2016」は、前作の10年後を描くオリジナルストーリーで、東出昌大(28)が主演。警視庁内のデスノート対策本部特別チームのリーダーを演じる東出、Lの正統な後継者役の池松壮亮(25)、キラを崇拝するサイバーテロリスト役の菅田将暉(23)による天才3人の息詰まる頭脳戦を描く。

 元AKB48の川栄李奈(21)が、無差別殺人を行う“史上最悪のデスノート所有者”役で出演することも話題だ。

DEATH NOTE(デスノート) とは

deathnote_2016

『DEATH NOTE』(デスノート)は、原作 – 大場つぐみ・作画 – 小畑健による日本の少年漫画作品。2003年12月から2006年5月まで『週刊少年ジャンプ』(2004年1号 – 2006年24号)に連載。名前を書いた人間を死なせることができるという死神のノート「デスノート」を使って犯罪者を抹殺し、理想の世界を作り上げようとする夜神月と、世界一の名探偵・Lたちによる頭脳戦を描く。

3:
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

5:
やっぱり戸田ちゃんだよ

6:
ブサブサ解雇・・・

8:
佐野ひなこクビw

12:
これデスノートじゃないよ

13:
しかし…主演は……

14:
>「デスノート2016」は、前作の10年後を描くオリジナルストーリーで、
東出昌大(28)が主演。

解散

おすすめ人気記事

引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1457467483/

17:
「20代を代表する女優」てw

20:
佐野ひなこって最近見かけないんだけどお試し期間終了したんか

48:
>>20
深キョンのドラマに出てる

23:
マッチポンプに戸田を使うとか、こりゃ豪華だな

28:
藤原が地獄から復活したとかでいいよ
そっちのが絶対に楽しい

30:
じゃあ山田孝之で

37:
これは楽しみすぎる

46:
デスノートって10年も前なのかよ・・やべーな。

53:
こうパラレルワールド的な映画だと思ってた

60:
マンガそのまんまの死神が出てくる映画かw
もうアホらしくて。

72:
ドラマが無かった事にwww

86:
【朗報】グッバイ佐野ひなこ

91:
歳行き過ぎだろさすがに

94:
また監禁シーンないかな

100:
デスノートの続編は漫画で出してくれよw

105:
映画『デスノート 2016』公式サイト
http://wwws.warnerbros.co.jp/deathnote2016/index2.html
no title

嘘でしょ!と思いました。本当ですか?って(笑)。10年前の作品で
月とLも亡くなっているし、当時も10年後の物語を作ることはないだろう
と思っていたので本当に驚きました。

今回の参加は恐怖の方が強かったです。スクリーンデビューさせて
いただいた作品なので、思い入れは強くて。10年前の『デスノート』
のときはまだまだ新人で、役者を始めて1年も経っていないのに
とても大きな作品に参加させていただいたので、芝居もままならない
状態でした。だから前作を観ると恥ずかしくて仕方がないんですけど、
今回はその当時に戻れるのか、戻っていいのか? 戻るべきなのか、
進むべきなのか? いまの自分だったら、海砂をどう演じられるのだろうか?
というところでとても悩みました。

10年経ったいま、『デスノート』を通してまた改めて伝えられる
メッセージがあるのかもしれないなと思います。

114:
竜崎 “Lの正当後継者” – 池松壮亮
no title

人間はとても愚かで弱い生き物だということを、改めてもう一度
デスノートに教えてもらっているような気がします。前作から
10年を経て、新たな監督スタッフキャストで、前作を超えるべく
日々撮影に挑んでいます。

沢山の人にワクワクしてもらえるようなエンターテイメントとして、
それからこの御時世にやる意味を込めて、この作品を
送り出せたらなと思っています。

松山さんの作り出した歴史に残るLという凄いキャラクターを
継承しつつ、やるからにははるかに凌駕するつもりで頑張ります。
駄目だったらネットで叩いて下さい。
http://wwws.warnerbros.co.jp/deathnote2016/index2.html

120:
>>114の「正統後継者」のところミスったw
wikipediaからコピペしたんだが、「正当」になってやがったw

124:
映画だけのオリジナルストーリーってこと? 割とどうでもいいw

よく読まれている人気記事

あなたにオススメ

あなたにおすすめのアイテム

コメント

  1. 名前:名無しのチェックメイト 2016年03月09 11:45:22 返信

    >20代を代表する女優に成長した戸田が「デスノート」に恩返しをする。

    何この上から目線記事
    頭おかしいんか?
    原作ありきの映画やドラマでそこにしゃあなしで出してもらってるのが俳優やろ?
    漫画のデスノート知らずにドラマ見てたやつ何人いると思ってんだ?

    あとこいつの名前小学校時代の癖のあるおばちゃん音楽教師と名前が一緒で毎度吹く

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。