カテゴリ: 漫画家 コメント: 0

【画像あり】藤子不二雄A先生がやばそう・・・

【画像あり】藤子不二雄A先生がやばそう・・・
1:
CSuzl-nVEAAuXy8



読者の皆様へ

いつもご愛読いただき、
ありがとうございます。
「PARマンの情熱的な日々」は、
次号より、お休みさせていただきます。
連載再開まで、
今しばらくおまちいただきますよう、
よろしくお願い申し上げます。

読者の皆様へ
「ジャンプスクエア」創刊号より
「パーマンの情熱的な日々」を8年間連載しま
した。若い人の中にまじって、このジイサン
が一緒に連載するとはとても楽しいことでし
た。ところがこのところバテテきて、続けら
れなくなりました。元気がでるまで残念なが
ら休ませて下さい。よろしく、よろしく・・・

藤子不二雄A

おすすめ人気記事


引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/morningcoffee/1446611222/

藤子不二雄A とは


藤子 不二雄Ⓐ(ふじこ・ふじお・エー(エイ)、本名:安孫子 素雄(あびこ もとお)、1934年3月10日 – )は、日本の漫画家。

thumb_450_manga_b_px450

大垣女子短期大学客員教授。座右の銘は「明日にのばせることを今日するな」。
藤本弘(藤子・F・不二雄)とともに藤子不二雄としてコンビを組み、作品を発表した。

曹洞宗49代目住職の息子として、富山県氷見郡氷見町(現:氷見市)の光禅寺という古刹に生まれるが、1944年に父を亡くして高岡市に転居し、転入先の高岡市立定塚国民学校(現・定塚小学校)で藤本弘と知り合う。小学校時代から漫画家を志し、富山県立高岡高等学校在学中、1951年に毎日小学生新聞でデビュー。
高校卒業後、1952年に、伯父が専務を務める富山新聞社に入り、学芸部と社会部で似顔絵やインタビュー記事を担当。1954年、藤本に誘われる形で新聞社を退社。藤本と共に漫画家となるために上京する。後がない藤本と違って(藤本は製菓会社をすぐに退社した)、安定したサラリーマン生活がある安孫子は新聞社に未練があったと語っており、会社に好意を抱いていた後輩社員がいたのもその理由である。この藤本の誘いを母に相談しており、母の言われた通りにしようと思っていたが、予想外に「好きにしなさい」と言われ、悩んだ挙句に夢の道に進むことを選んだ。退社の件を、当時社長になっていた伯父に話すと激怒されたという。
その後、『オバケのQ太郎』、『忍者ハットリくん』、『魔太郎がくる!!』などのヒット作にめぐまれる。厳密には2人の合作によるヒット作は『オバケのQ太郎』が最後であり、これ以降は藤子不二雄名ではあっても、そのほとんどはどちらかの単独作品である。1987年にコンビを解消し、藤子不二雄Ⓐとして活動するようになる。コンビ解消後は映画『少年時代』をプロデュースするなど多彩な才能を見せる。

生年月日: 1934年3月10日 (81歳)
生まれ: 富山県 氷見市

2:
このじいさんのぶっちゃけぷりがおもしろい

3:
パーマンってFの作品だろ

4:
もう80過ぎてるし連載は体力の限界か

7:
まぁしょうがないな

8:
そもそも本人がどれだけ描いてるのだろうか

9:
おそらくアシスタントに指示を出してるだけ

10:
よろしく…よろしく…

12:
キューちゃん復活させてくれよ

14:
Q太郎は再販されたで

16:
AさんはFの片倉みたいにわかりやすい影はいるの?

17:
字がガタガタだなぁ…

19:
下書きなしで最初からペンで描くらしいから
まだまだ行けるだろ

20:
このビールとパター持ってる絵は何を伝えようとしてんの?

21:
ビールとゴルフが大好き
またやれるように元気になるよ

22:
ちょっと前の連載でも東京女子医大に入院した話だった
退院してまた箱根に行ったりしてたのに

25:
入院中も漫画描いて連載休まなかったのに

26:
趣味であるゴルフ用語の「パー」やスコッチ・ウイスキーの銘柄である「オールドパー」にちなみ、エッセイ「パーマンの指定席」や「パーマンゴルフ」において「パーマン」を自称として用いている

177:
>>26
パーはF作品じゃん
Fのこと大好きすぎだろ

32:
適当な感じがいいんだよね

42:
真の化け物は75過ぎて週刊連載を続けてる水島新司

71:
>>42
ドカプロあたりからまともな作品は無くなってる

50:
F先生のSFシリーズみたいな
別の路線みたいな作品はないのかな

51:
ダークな雰囲気のあるのがA先生
明るいムードのあるのがF先生

56:
A作品だとフータくんが好きかな
魔太郎も好き

61:
>>56
俺も60年代だったらフータくんがベストだな
70年代後半に朝日小学生新聞に再掲載で連載されてて
毎日楽しみに読んでた

66:
パーマンの数年前に設定がパーマンとほぼ同じの「わが名はXくん」という作品をAが描いてる

68:
>>66
じゃあ集団ヒーローの元祖ってAが考案したのかよ

72:
だからといって「パーマン」というタイトルをパクっていいとはならない

75:
>>72
まあそこはいいじゃん
両方のファンとしてはニヤリとしちゃうよ

117:
漫才コンビとか見ててもどっちからユルい人じゃないと成功しない感じがあるな

141:
2f2a62b9

143:
>>141
水木センセイ最強だな

157:
>>141
なんという説得力

204:
これが一番充実してるかな
超見づらいw
http://www2u.biglobe.ne.jp/~comefx99/fujikolist.htm

208:
>>204
Aだけのリストって無いんだよね
10年ぐらい前には個人サイトでやってる人がいたんだけど

211:
>>204から干された昭和30年の分だけ抜き出してみた

A

どんぐりくん   漫画王/54年12月号~55年5月号/A
コンクリート密林(ジャングル)   少年クラブ/55年正月大増刊号/A
鉄拳の怒り   漫画少年/55年1月号/A
世界とたたかう少年   二年ブック/55年2月号~3月号/A
世界とたたかう少年   三年ブック/55年4月号~6月号/A
英雄暁に死す   漫画少年/55年3月号/A
銭無平太捕物帳   漫画少年/55年3月号/A
厳窟王   漫画少年/55年4月号/A
暗黒街の天使   少年クラブ/55年5月号/A
役に立たなかった目覚まし   漫画少年/55年5月号/A
かくてアルバムはつくられる   漫画少年/55年6月号/A
テキサス決死隊   少年クラブ/55年7月号付録/A
空の玄関羽田空港   漫画少年/55年8月号/森安直哉との合作/A
まんがもんどう   漫画少年/55年8月号/寺田 ヒロオと合作/A
ぼくの暑中見舞いアルバム   漫画少年/55年8月号/A
むっちんこっちん   幼年クラブ/55年/A

212:
F

ゆりかちゃん   少女/54年12月号~55年6月号/F
ゆりかちゃん   少女/55年新年増刊号/F
ゆりかちゃん   少女/55年9月号~10月号/F
海底人間メバル   ぼくら/55年1月号(創刊号)~4月号/F
やっぱり女がいいわ   なかよし/55年1月号(創刊号)/F
バラとゆびわ   少女クラブ/55年お正月増刊号付録/原作・サッカレイ/F
にいさんの初夢   少年/55年新年増刊号/F
ニュースの時間   少年/55年新年増刊号/F
二人三脚   少年/55年2月号/F
ジャンプ   少年/55年2月号/F
ふしぎな足あと   なかよし/55年2月号/F
うっかりぼうや   少女/55年2月号/F
よるの王子さま   二年ブック/55年4月号~6月号/F
まほうのリンゴ   三年ブック/55年4月号/F
コンちゃんのリンゴ   二年ブック/55年4月号/F
ロボットくんはりきる   三年ブック/55年5月号/F
おやゆびひめ   幼年クラブ/55年5月号付録/F
ぼくのへや   三年ブック/55年5月号/F
ゆきおとこ   二年ブック/55年6月号/F
おさるのちえくらべ   漫画絵本/55年6月5日発行/F
光にあたれ 陽にあたれ   漫画少年/55年6月号~10月号/F
母の呼ぶ歌   少女/55年11月号/F
黄金のすずらん   少女/55年12月号/F

よく読まれている人気記事

あなたにオススメ

あなたにおすすめのアイテム

コメント

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。