カテゴリ: 漫画家 コメント: 0

キン肉マンの作者(ゆでたまご)の経歴凄すぎクソワロタwwwwwwww

キン肉マンの作者(ゆでたまご)の経歴凄すぎクソワロタwwwwwwww
1:
高校卒業と同時に「キン肉マン」の連載を開始
26才で「キン肉マン」(全36巻)の連載を終了させる
その2か月後に「ゆうれい小僧がやってきた!」の連載を開始するも1年後に連載終了
続けて「スクラップ三太夫」の連載を開始するも1年後に連載終了
さらに続けて「蹴撃手マモル」の連載を開始するも1年後に連載終了
「ライオンハート」の読み切りを掲載するも人気が伴わず連載が開始されないことにブチ切れたゆでたまごはジャンプとの契約を解消
ガンガン・ボンボン・少年エースの3誌に同時に連載を持つも自爆
プレイボーイに「キン肉マンⅡ世」の連載を開始し現在に至る
thumbnail1

おすすめ人気記事


引用元: http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1446594879/

ゆでたまご とは

ゆでたまごは、日本の漫画家ユニット。嶋田 隆司(しまだ たかし、本名同じ)と中井 義則(なかい よしのり、本名同じ)の合同ペンネーム。

26f739cb3e_140245169030719600

デビュー作『キン肉マン』は1980年代に大ヒットし代表作となる。他の代表作に『闘将!!拉麵男』『ゆうれい小僧がやってきた!』など[1]。2011年より『キン肉マン』の新シリーズを集英社のWebサイト『週プレNEWS』上で開始し、2015年現在同作を連載中。
デビューした『週刊少年ジャンプ』(集英社)で約14年執筆し、その後他誌に活動の場を広げる。設定の矛盾を気にしない展開と飛びぬけた発想を身上としている。主にプロレス・格闘技を題材としたギャグ漫画を得意としている。


プロフィール


嶋田隆司

原作担当。大阪府大阪市西淀川区出身、1960年10月28日生まれ。私立初芝高等学校(現・初芝立命館中学校・高等学校)卒。1984年頃までは父親姓の金山 隆司(かねやま たかし)だったが、父親の死去を機に母親姓の「嶋田」に改姓。左利きであり、ゲスト出演した『必殺仕事人V』においては投球、食事(箸)も左で行っていた。
映画の試写会などイベントや、インタビューなどメディアへの露出は嶋田のみであることが多い。単行本の著者近影でも遊んでいる写真がよく選ばれるなど執筆以外の露出が多く、読者からは「仕事しないほうのゆで」などと揶揄されることがある。
少年時代はやんちゃで、幼稚園では女の子にキスをせまるなどませた子供だったが[3]、近所の子供の寄り合いなどは嫌いだったという。テレビ好きで、好きな番組は『プレイガール』。漫画をよく読み、また自分でも描いており、『キン肉マン』は嶋田が中井に出会う前から大学ノートに描いていたものが元になっている。2007年12月8日に15歳年下の女性と結婚した。
2012年末、左太ももにインスタントラーメンをこぼし、火傷を負った。その際合併症を併発し、全治6ヶ月という重症になったことがわかった。「火傷を甘く見ていた。引退も考えた」などとツイッター上で述べた。

中井義則

作画担当。大阪府大阪市浪速区出身、1961年1月11日生まれ。私立初芝高等学校(現・初芝立命館中学校・高等学校)卒。1981年頃までは父親姓を名乗っていたため岩元 義則(いわもと よしのり)だったが、成人したことを機に母親姓の「中井」に改姓。
ゆでたまごのプロダクション、スタジオ・エッグ代表。出不精であると本人は述べている。
小学校入学前からの熱烈な野球少年で、将来の夢はプロ野球選手だった。絵を描くことが好きだったが、漫画は嶋田に出会うまではあまり読んだことがなかったという。21歳の時に結婚し、長女・長男・次男の3子がいる。長男の中井光義はお笑い芸人(芸名なまたまご)を経て、2014年7月からはプロレスリング・ノア所属のプロレスラーとして活躍している。


ペンネームの由来

どんなペンネームが良いかと考えている際に、嶋田が放屁したらゆで卵のような臭いがしたため、それでいいかと思い決まった、とする中井説と、その時に食べていたものがゆで卵だったので「ゆでたまご」になった、とする嶋田説がある。
2人とも記憶が曖昧でどちらが正しいのかは不明だが、嶋田はインタビュー中に中井説の方を認めている。
なお『週刊少年ジャンプ』の目次には作者の「ひとこと」が掲載されるが、その際には「ゆで」か「たまご」でサインしていたのに対し、1982年(昭和57年)9号のグラビアページ企画「作者手相」では「ゆでたま」と「ご」となっていた。

2:
吉野家にブチ切れすき家に乗り換え
thumbnail1

img_red

18:
>>2
でも極初期では養老乃瀧の牛丼とか言ってた

3:
なにがすごいの?
最初の1行だけでよくね?

7:
>>3
26歳で巨万の富を得ていながら挑戦心を失わず現在まで全く休養をとらずに描き続けてる点が凄い

6:
言うてもキン肉マンの印税だけで余裕で親子二代は食えるからな
漫画は趣味

8:
キン肉マン二世だけにしてたら伝説で終わってたのに

9:
ゆでたまごって二人じゃなかったっけ

13:
>>9
ゆでたさんとまごさんの二人組み

23:
>>13
それは違う
ゆでたまごのファンは総称して「ゆでさん」と略して呼んでる

10:
夢の超人タッグトーナメントは蛇足
好きだけども

17:
吉野家からの仕打ちがかわいそう

34:
まあでも奴ら一発は当ててるからな
俺はまだ一発も当ててないから同情する気になれん

35:
やっぱキン肉マンってすげーわ

36:
>「ライオンハート」の読み切りを掲載するも人気が伴わず連載が開始されないことにブチ切れたゆでたまごはジャンプとの契約を解消
これジャンプだっけ?マモルがジャンプ最後だった気がする

37:
>>36
読み切りはジャンプ
連載はガンガン

39:
ゆでたまごの息子がプロレスリングノアに入団した時はワクワクしたが
1試合もしないうちに退団してしまったwww

42:
税関対策を全くしてなくて稼ぎをごっそり取られたって言ってた

43:
>>42
海外でも人気ありそうだしな

よく読まれている人気記事

あなたにオススメ

あなたにおすすめのアイテム

コメント

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。