カテゴリ: アニメ, ゲーム コメント: 2

10万人の応募があったIBMのアルファ版『ソードアート・オンライン』のクオリティが凄すぎる! プレイレポートも紹介【VR】

10万人の応募があったIBMのアルファ版『ソードアート・オンライン』のクオリティが凄すぎる! プレイレポートも紹介【VR】
こんにちは。チェックメイト管理人です!
私も『ソードアート・オンライン ザ・ビギニング』に一般で応募したのですが…みごとに外れました。
倍率がすごいことになっていたようですね!
αテストに参加出来た方はいますか?感想お待ちしております。

それでは、プレイレポのまとめ記事をお楽しみください!

1:

IBMによるアルファテスト版『ソードアート・オンライン』のゲーム画面とナーヴギアの写真をお届け

人気ライトノベル「ソードアート・オンライン」を題材とした新プロジェクト『ソードアート・オンライン ザ・ビギニング』。インサイドでは、そのアルファテスト会場に潜入することに成功。ゲーム内画像とナーヴギアの実物写真を入手しました。

『ソードアート・オンライン ザ・ビギニング』はIBMのクラウド・サービス「SoftLayer」をシステム基盤として活用し、「ソードアート・オンライン」の世界をVRMMORPGとして再現するプロジェクトです。2016年2月よりアルファテストのテスター応募受付が開始し、「ついにSAOが実現する!」と話題になりました。

650875

Cdt8DAjUAAEhVc8

Cdt8DwGUkAAZCIu

Cdt8D4mUAAAXyIc

Cdt8D3PUkAAVKFz

ソードアート・オンライン とは

sao

『ソードアート・オンライン』(Sword Art Online、略称:SAO)は、川原礫による日本のライトノベル、およびオンライン小説。イラストはabecが担当している。

おすすめ人気記事

引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/ghard/1458209480/

【プレイレポ】テスター希望者10万人超えのVRMMO『ソードアート・オンライン ザ・ビギニング』のヤバさにワクワクが止まらない

2016年3月18日から実施されるの「ソードアート・オンライン ザ・ビギニング」プレス向け体験会に参加してきました。

この企画はIBMが有しているクラウドサービス「SoftLayer」をシステム基盤として活用し、VRMMORPG「ソードアート・オンライン」へと至るアルファ版を現代の技術で作り上げ、10万人を超える応募者から抽選で選ばれた208人のテスターに体験してもらおうという技術デモイベントです

さらっと言いましたが、逆に考えると約9万9800人のファンが落選したことに。選ばれし人々の強運ぶりに震えますね……。さっそくたっぷりの写真を見ながら、テストの様子を振り返って行きます。

◆ナーヴギアは完成していた!?
651115

筆者が指定された都内某所に到着すると、白衣を着た怪しい男たちが待ち構えており、まずは受付でログイン用のアカウントを作成することに。その後テスト開始時間になり、分厚い扉で厳重に管理された密室へと連れ込まれた筆者。

大量のPCが並べられ、なんとも言えない緊張感が漂っていましたが、アレを目にした途端にテンションが振り切れてしまいました。そう、ナーヴギアです!完成していたのか!?

651119

今回のテストで用意されている「ナーヴギア」は「OculusRift(DK2)」に、モーションセンサー「リープモーション」と、VR-HMDでARを追加するステレオカメラ「Ovrvision」を組み合わせた装置。また、センサー機能の補助として、正面に「Kinect2」も設置され、専用の靴には歩行を検知するセンサーが取り付けられていました

651132

テスターはプレイ開始の前に自身のアバターを作成するために、白い布で覆われた極秘ブースで、身体スキャンを受ける必要があります。スキャンは一瞬で終わってしまいますが、この時に無駄に胸を張ると、アバターが超鳩胸キャラになってしまうので、ほとほどにリラックスした姿勢で臨むのがベストでしょうね。

◆リンクスタート!
651110

スキャンが完了してアバターが完成すると、いよいよ「ソードアート・オンライン」アルファ版の世界へ。参加者たちとあわせて、リンクスタート!ログイン画面を経由し、仮想世界へダイブするあの演出を味わって降り立った先は……紛れもない「はじまりの街」でした。

651112

これがSAO、これがVRMMOなのか!」と興奮していると、ナビゲートを担当する謎の物体が登場。それが「コグ」です。声を聞けばわかりますが、中身はどう考えてもあの子。のちに妖精型になるという設定があるとかないとか。


コグはプレイヤーのサポートをしてくれるキャラであり、擬似AIという設定。初めてVRを体感するという人でも安心してテストを楽しめるように、VRゲームのチュートリアルを施してくれます。

ゲーム内では「SAO」そのままのデザインが再現されたメニュー画面や説明フリップが表示されたのですが、こういうのは作品の世界にグッと引き込まれますね。このときに思わずフリップをつかもうとしてしまったのですが、掴めなかった事実よりも腕どころか指の動きまでスムーズに反映されていることに驚きました。タイムラグをほとんど感じさせません。

651111

VRに慣れている筆者は彼女の説明を聞きながしながら、降り立った街をキョロキョロ。チュートリアルが終わると、すこしばかり自由に移動できるように。普通に歩くような感じでは靴のセンサーが正しく認識してくれないようで、「行進」するように大きめの動作で動いてくださいと言われましたが、やや強めに足を地面につけるようにすれば認識してくれました。それでもVRの世界を自分の足で歩き回るというのは“非日常”そのものなわけで、ただ歩いているだけなのに無性に楽しくなってきます。

テストは4人一組で行われるようになっており、ダンジョン内ではナーヴギアに用意されているマイクを使ったボイスチャットで、パーティーメンバーとコミュニケーションが取れるようになっています。また、各テスターのモーションも共有されているので、手を振ったり、サムズアップしてみたりと、ジェスチャーによるコミュニケーションも楽しめました。

651109

戦闘についてのチュートリアルを受けると、いよいよボスとご対面。そこにいたのは74層のボス「グリームアイズ・ジ・アンセスター」。ボス部屋の中ではすでに戦闘が始まっており、テスターはボス担当パーティーとして、参加するという設定となっているようです。


ここでふと手元を見てみると、いつ間にか武器が握られており、腕の動きにあわせて攻撃を繰り出すことができるようになっています。しかもそれはアスナが愛用していた「ランベントライト」。

装備は刀や斧なども用意されているようで、どの武器が使えるかは体験してみるまでわからないそう。キリト&アスナの装備を引けたのは幸運でしたね。


さて、今回の体験は限られた時間で1回のみ。何時間もかけてじっくりと楽しみたかったですが、短時間でも得られるものはたくさんありました。特に驚いたのはゲーム内に反映されるテスターの動きで、腕や手の動きをしっかりと反映する正確さを実現しつつも、タイムラグは意識しなければ感じ取れない程度に抑えられています。

今回のアルファ版ほどの規模のコンテンツを複数人で同時に体験しながら、タイムラグによる違和感を感じさせないクラウド技術には「IBM、恐ろしい子ッ」と感服しました。このレベルであればVRMMOだけでなく、いずれはVR格ゲーやVR音ゲーなんかも楽しめそうだなと期待が持てますね

一方でゲームとして考えると、攻撃をした時・された時の手応えが皆無なところが少し寂しいですし、視野の外に配置されたステータスバーが見にくい位置にあるなど、UIのデザイン面で課題があるように感じましたが、そのあたりはこれから本格的にVRゲームの開発が進められていけば、自然と洗練されていくことでしょう

22:
l_kf_asuna_01

これを載せない記事を選ぶあたり中々>>1は分かってるな

2:
街は結構良いな

3:
あれ?PS4のバンナムの奴じゃないぞ

8:
>>3
バンナムも関わってるけど、これアトラクション用だしな

4:
動画で見せないのか………

5:
ちなみにこれはコンシューマゲームじゃなくてデカい筐体のアトラクション

9:
…凄いか?
650877

10:
な、なんじゃこれは…なんとおおげさな!

11:
凄くはないね
ドットが荒いのは仕方ないにせよ
ツルツルが当たり前のこのご時世にメロンごときがカクカクしてる

12:
とりあえずこれをクラウド化してPS4でも遊べるようにしてくれや
たのむ

13:
グラがショボく見えるけど
いくらカスタマイズされてるとはいえ、DK2ベースだから仕方ない

14:
ログアウトできなくなるテストも込みなのん?

15:
アニメ調でなく何でリアル調?

19:
>>15
SAOのゲームというかSAOのアトラクションを作ろうとしてるからね
今回のアルファテストのユーザーを3Dスキャンしてゲーム内キャラにするからアニメ寄りじゃなくリアル寄りなんだわ
だからSAOのキャラになりきって遊ぶんじゃなく、自分自身を再現したキャラクターでSAOの世界に入って遊ぶアトラクションなんだわ

16:
まあグラとかは成熟してないからしょうがないけどガチでSAOを表現しようとしてるの凄いな可能性を感じる

18:
まあ、IBMは仕事を完成させないことで有名だからな
カットオーバーの3日前に「できませんでした!」って言っちゃう会社

20:
まぁプロトタイプのアルファだしこんなもんだろ
これが6年後SAO本編みたく家庭用にまでになるといいな

21:
えマジでこれに10万とか無理でしょう‥

23:
PSVRで出ないのかな

よく読まれている人気記事

あなたにオススメ

あなたにおすすめのアイテム

コメント

  1. 名前:名無しのチェックメイト 2016年03月20 12:25:17 返信

    またグラグラいうがいじいるのかw

  2. 名前:名無しのチェックメイト 2016年03月20 13:39:12 返信

    糞ゲーにしか見えんな

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。