カテゴリ: 漫画 コメント: 0

【悲報】食戟のソーマの創真またノープランで食戟(ネタバレ)

【悲報】食戟のソーマの創真またノープランで食戟(ネタバレ)
1:
euhMcOw
vQysU2d

3:
なお何故か一色が全く出て来て無い模様

4:
>>3
ラスボスやろ

14:
>>4
ラスボスなんか?
中村君から勧誘されなかったの?と聞かれたら話題変えてたけど

167:
>>14
竜胆は気分屋だしいつでも裏切るポジション

先輩は話題変えて逸らしたし、最近出てこないし
そもそも極星にいる唯一の先輩
条件整いまくりやね?

おすすめ人気記事


引用元: http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1446764240/

食戟のソーマ(しょくげきのソーマ) とは


『食戟のソーマ』(しょくげきのソーマ)は、原作:附田祐斗、作画:佐伯俊の日本の漫画作品。『週刊少年ジャンプ』(集英社)2012年52号より連載中。

50a1f6484aa92978405d9d6d88615711


概要

名門料理学校「遠月学園」を舞台に、下町の定食屋の息子である料理人の少年・幸平創真(ゆきひら そうま)の活躍を描く料理・グルメ漫画。料理対決や登場する料理の意外性に加え、登場人物が料理を食べた時に放つリアクションがお色気要素に近い大仰なものであることが特徴である。
本作品の企画は、作者と編集のバカ話から偶然生まれた。『少年ジャンプNEXT!』(集英社)2012 SPRING巻頭カラーに50ページで読切版が掲載された後、『週刊少年ジャンプ』(集英社)2012年52号より連載が開始された。2013年4・5合併号掲載の第5話以降は料理研究家の森崎友紀が協力しており、食のアイデアなどを提供している。お手軽なものから本格的なものまで、紹介されるレシピも魅力の1つとなっている。森崎の話によると、集英社の『MORE』と『週刊プレイボーイ』に料理の連載を持ったつながりで、漫画協力の話をもらったとのこと[6][出典無効]。2015年2月より、ウェブコミック配信サイト『少年ジャンプ+』(集英社)で本作のスピンオフ漫画を連載中。
単行本では、作中に登場した料理の一部レシピや連載時点では氏名不詳だったキャラクターのプロフィールが紹介されている。2015年4月時点で、第15巻までの累計発行部数は800万部以上。単行本第1巻は発売直後から予想を上回る売れ行きを見せ、異例の速さで10万部の重版がかかり、発売2週間で20万部を超す勢いとなった。
2015年4月から9月までテレビアニメが放送された。


ストーリー

下町の定食屋の息子・幸平創真は、家業を手伝いながら、父・城一郎を越えるべく料理修業に励む日々を過ごしていた。中学校卒業後は家業を継ごうと考えていたが、城一郎は店を数年閉めると宣言し、海外へ行ってしまう。そして創真は、城一郎の命により、超名門料理学校「遠月茶寮料理學園」の高等部に入学する。そこから創真は持ち前の料理のノウハウを駆使して料理人として成長していく。

6:
神の舌をもつえりな様にチンしたカレーを食わせる男

9:
一色そろそろ出すやろ
ソーマやなくて一色が受けそう

10:
どうせ審査員がうますぎて嘘をつけないとか言い出してソウマwinで終わり

11:
>>10
ほんコレ

17:
>>10
そもそもあいつら食べることすらしないんやないの

19:
>>17
タロイモから香りの調整法聞いて
香りの爆弾でイチコロよ

24:
>>19
調理開始前に決着なんだよなぁ

27:
チンして食べてください
お母さんかな?

31:
xi162i1
yHOWjrx
nd7EDPv

86:
>>31
後輩の面倒見すごい良さそう

36:
審査員逆買収とかせんかな

37:
xUOV63w

42:
>>37
ソーマのゴミを見るかのような目

45:
>>42
これのちょっと前にはわざわざお茶出して叡山をもてなしてたのにな

44:
髪伸びてからのソーマすき

49:
>>44
謎のカッコ良さあるよな

113:
なんで十傑入れたんやろか
こいつ本当に料理出来るのかすら疑問に思えてくる

161:
匂いで是が非でも審査員料理を食わせるありきたりな展開はやめて欲しいわ
まあ原作者が少年疾駆の作者じゃ無理やろうが

169:
正直今ワンピとコレしか読んでねえわ

171:
一色が根回しするやろ
美味そうすぎて食べざるを得ないとか言うクソ展開は勘弁

187:
何で誰も一色に相談しないのか
読者が真っ先に考えることをスルーして話進めるからイマイチ乗れねえんだよ

よく読まれている人気記事

あなたにオススメ

あなたにおすすめのアイテム

コメント

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。