カテゴリ: 漫画 コメント: 0

「マンガ大賞2016」大賞は野田サトルさんの『ゴールデンカムイ』に決定

「マンガ大賞2016」大賞は野田サトルさんの『ゴールデンカムイ』に決定
1:

「マンガ大賞2016」は野田サトル氏の『ゴールデンカムイ』に決定

 書店員を中心とした有志による選考委員らが「今、一番友達に薦めたいマンガ」をコンセプトに決定する『マンガ大賞 2016』(主催・マンガ大賞実行委員会)が29日、都内で発表され、野田サトル氏の『ゴールデンカムイ』に決定した。

 同作は『週刊ヤングジャンプ』(集英社)で連載中。明治時代の北海道を舞台に、アイヌが遺したという大金を手に入れるため、元兵士の杉元佐一がアイヌの少女と行動を共にし、一攫千金を夢みるサバイバル漫画。アイヌの生活や“狩猟グルメ”などが描かれているのも特徴。宝島社が発表した「このマンガがすごい!2016」ではオトコ編第2位を獲得している。単行本は現在6巻まで刊行されている。

 都内で行われた授賞式に出席した野田氏は、開口一番「『ダンジョン飯』に勝ててうれしい」と満面の笑み。主人公のモデルは屯田兵だった曽祖父で、「いつか書きたいと思っていた」作品だったという。同氏も北海道出身で、作品にはアイヌ協会が協力。さらに取材で狩猟に同行することもあるようで「鹿を撃ちにいって、脳みそを生で食べさせてもらった」とリアリティを追求する姿勢を明かした。

 今年で9回目を迎える同賞。選考対象になるのは、2015年1月1日から12月31日までに単行本が発売された作品のうち、最大巻数が8巻までの漫画作品。一次選考では、各選考員が最大5作品に投票し、得票数上位11(同率順位含む)作品が候補作としてノミネート。その後、選考員が全候補作品を読んだ上で、ポイント制で上位3作品を選定し、最もポイントが高かった作品が大賞に決まった。

マンガ大賞2016』の結果は以下の通り。
※( )内は1位=3pt、2位=2pt、3位=1ptで換算した投票数の合計
大賞:『ゴールデンカムイ』野田サトル(91p)
2位:『ダンジョン飯』九井諒子(78pt)
3位:『BLUE GIANT』石塚真一(68pt)
4位:『僕だけがいない街』三部けい(55pt)
5位:『百万畳ラビリンス』たかみち(49pt)
6位:『波よ聞いてくれ』沙村広明(43pt)
7位:『恋は雨上がりのように』眉月じゅん(42pt)
8位:『町田くんの世界』安藤ゆき(38pt)
9位:『東京タラレバ娘』東村アキコ(29pt)
10位:『岡崎に捧ぐ』山本さほ(28pt)
11位:『とんかつDJアゲ太郎』イーピャオ/小山ゆうじろう(25pt)

■歴代大賞作品
第1回(2008年):『岳』石塚真一
第2回(2009年):『ちはやふる』末次由紀
第3回(2010年):『テルマエ・ロマエ』ヤマザキマリ
第4回(2011年):『3月のライオン』羽海野チカ
第5回(2012年):『銀の匙 Silver Spoon』荒川弘
第6回(2013年):『海街diary』吉田秋生
第7回(2014年):『乙嫁語り』森薫
第8回(2015年):『かくかくしかじか』東村アキコ

「マンガ大賞2016」に決定した野田サトル氏の『ゴールデンカムイ』
oricon_2069262_0-enlarge

ゴールデンカムイ とは

『ゴールデンカムイ』は、野田サトルによる日本の漫画作品。『週刊ヤングジャンプ』(集英社)2014年38号より連載中。アイヌ語研究者の中川裕が作中のアイヌ語監修を務めている。2015年度コミックナタリー大賞・第2位。「このマンガがすごい! 2016」(宝島社)オトコ編・第2位。「マンガ大賞2016」大賞受賞作。

7:
意識高そうな漫画ばっかりやな

10:
ダンジョン飯は落ち着いた感がある
町田くんは来年だな

12:
受賞と同時に実写化決定ですねおめでとうございます。

17:
>>12
主役は岡田准一か

おすすめ人気記事

引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1459234387/

13:
アイヌを題材にした漫画は、安彦もやってたよな

33:
>>13
王道の狗?あれこそ実写化して欲しいけど…

25:
ほとんど実写映画化されてるなw

27:
第1回(2008年):『岳』石塚真一 ⇒ 2011年実写化
第2回(2009年):『ちはやふる』末次由紀 ⇒ 2016年実写化
第3回(2010年):『テルマエ・ロマエ』ヤマザキマリ ⇒ 2012&2014年実写化
第4回(2011年):『3月のライオン』羽海野チカ ⇒ 2017年実写化予定
第5回(2012年):『銀の匙 Silver Spoon』荒川弘 ⇒ 2014年実写化
第6回(2013年):『海街diary』吉田秋生 ⇒ 2015年実写化
第7回(2014年):『乙嫁語り』森薫
第8回(2015年):『かくかくしかじか』東村アキコ

32:
やはり来たか

34:
この作品は面白いね
もうすっかりYjの看板のひとつだな

47:
ヤンジャン漫画の過剰評価される率は異常
70点くらいの漫画なのにやたらと持ち上げられる

53:
映画化確定みたいなもんか

66:
今年はゴールデンカムイで文句ないだろ
ブルージャイアントはもうずっと取れん気がする

70:
ダンジョン飯はすでに他の賞とってるし知名度高いし、
ゴールデンカムイ1位は妥当なセンだな

90:
面白いから当然と思う。続き楽しみ!

実写化は見たいけど…どうだろう。
狩猟シーンとかアイヌとか、動物愛護団体やらなんやら騒ぎそうだからなあ。
アニメ化も厳しそう。

95:
ノミネート作品からなら、順当だと思う。

でもダンジョン飯と僕だけが居ない街が大賞でも納得してた。
個人的にはBlueGiantが好き。
とんかつDJアゲ太郎は読んだ事無いけど伊集院光が面白いっていってたな。

116:
今の流行りよなグルメ要素足してくるの

200:
「テラフォーマー」じゃないんかい!!!w

207:
この中ならブルージャイアントだな
カムイはストーリーが薄過ぎ
料理シーンはインパクトあるけど
ストーリーは全く入ってこない

231:
これと山賊ダイアリーを読んでるとナイフとライター持ってれば山で遭難しても余裕じゃね?と思えてくる
まぁ実際は無理なんだろうけど

308:
>>231
後サバイバル知識と飲み水さえ確保できればまあ2、3日程度は持ちそう

236:
ゴールデンカムイ面白いけど
アニメ化とかドラマ化は無理だろうなぁ・・・

252:
>>236
食事シーンを8割カットして普通の冒険モノにするしかないな

397:
アイヌ物は隠れた名作が結構ありそう

408:
歴史や料理の勉強になるし、ためになるマンガだよ

よく読まれている人気記事

あなたにオススメ

あなたにおすすめのアイテム

コメント

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。