カテゴリ: アニメ, 漫画 コメント: 1

少女漫画「アニマル横町」の作者・前川涼さん、Twitterで同人作家にキレる

少女漫画「アニマル横町」の作者・前川涼さん、Twitterで同人作家にキレる
1:
「本来の読者層に見せられない絵を描かないで欲しい」

前川涼★アニ横1~[email protected]

[email protected][email protected]の読者層に見せられない類いの絵を描くなら(本当のこと言えば描いてほしくないですけど)検索よけするなり対策をしてください。
…こんなお願いしたくないんだよ…(´・ω・`)→

おすすめ人気記事


引用元: http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1446905560/

アニマル横町 とは


『アニマル横町』(アニマルよこちょう、Animal Yokocho)は、前川涼によるギャグ漫画、およびそれを原作としたテレビアニメ作品、同作に登場する架空の地名。
集英社の少女漫画雑誌「りぼん」・「りぼんオリジナル」・「りぼん増刊」・「あみーご!」に1999年から連載されている。略称は、アニ横。
総発行部数は2005年12月現在100万部。第51回(平成17年度)小学館漫画賞児童向け部門受賞作品。

img_0


作品概要

主人公の少女・あみの家の部屋には不思議な扉があった(扉が初登場するエピソードは原作とアニメによって異なる。下記参照)。その扉は言葉を話す動物が暮らす、アニマル横町、略してアニ横へと繋がっていた。毎日のようにその扉を通り、あみの部屋へ遊びに来るイヨ・イッサ・ケンタをはじめとした動物たちとあみたち人間が繰り広げる、キテレツ☆どーぶつコメディ。
舞台となる場所は、架空の村「メイジ村」。アニメでは関東地方に、原作では九州地方にある設定(ちなみに作者の前川涼も福岡県の出身である)。
連載が何年続いても主人公たちが年を取らないサザエさん方式で物語が進む(作中でもネタにされている)。また、子供向けの作品ながら、今時の子供には分からないような昭和ネタやシュールなネタも見られるのが特徴である。

初回: 2005年10月4日
最終回: 2006年9月26日
放送局: アニマックス、 テレビ東京、 エー・ティー・エックス

2:
見られないような場所でやってるから大丈夫や

3:
やっぱ同人界隈ってくそだわ

4:
わからんでもない

5:
あーりゃりゃこりゃりゃあーりゃりゃこりゃりゃハチャメチャラッキーDAY

9:
一方ハイスコアの津山ちなみはキレそうにないから安心だわ

10:
幼女向け漫画か
幼女向け描くやつはちょっと偏ったやつ多いよな

11:
これじゃネットフィルタリングって意味無いやんか

14:
エゴサで見つけたの?

16:
作者が言うなら仕方ないな…
原作あっての二次創作だもんなやめような
名前とかちょっと変えて似てる別物にしとこうな

17:
pixivでもエ□一括別サイト預かりにしようかって話出てるけど
萌男も腐女も一方的に自分が好きな方以外のエ□排除したがっててなんだね

オタクが広まれば世界は平和ってどこの寝言だろう

19:
なーにをなまっちょろいこと言ってんじゃ
って思ったけどTwitter見たら良い人っぽい(´・ω・`)

20:
まぁ作者NG出ちゃったらおとなしくしとかないとね

23:
まあピクシブや自分のサイトでやってる奴はともかくTwitterでやってる奴には文句言いたくなるのかな?

よく読まれている人気記事

あなたにオススメ

あなたにおすすめのアイテム

コメント

  1. 名前: 2016年09月17 16:49:59 返信

    なまっちょろいって何やねん
    二次創作やってるやつがデカイ顔すんな

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。