カテゴリ: ゲーム コメント: 0

伝説のゲーマー!? どういうつもりでそんな真似をしたのかわからない高山君の伝説話

伝説のゲーマー!? どういうつもりでそんな真似をしたのかわからない高山君の伝説話
21: 2008/09/04(木) 08:09:07 ID:???
高山くんはふざけて水槽のスッポンに指噛まれてガチで病院行った事を考えると
マリオブラザーズで亀に噛まれて一機失うのも納得出来た。
高山くんのおかげで他にも
・身長より高い所から足を踏み外すと一機失う(ドンキーコング)
・ネコに大切な宝物(ビックリマンシールの入った袋)を奪われて屋根裏に隠される(マッピー)
・ツララが頭の上に落ちてきて一機失う(アイスクライマー)
…等々、ゲームの世界って言うのは実にリアルな世界観で出来てると言う事を学び取った。

25: 2008/09/04(木) 10:42:11 ID:???
不覚にも爆笑したw

31: 2008/09/04(木) 17:06:56 ID:???
高山君の逸話はまだまだあって、ガチャポンのカプセルを黒くマジックで塗りつぶした物を
みんなに見せびらかした事があった。
「これなんだと思う?」
よく見るとひものような物が刺さっている。
「じゃじゃーん!ボンバーマンの爆弾です!マジで本物!」

花火用の黒色火薬をほぐした物を詰めたそうだ。

…マジで本物!じゃねーよ高山君、、、

33: 2008/09/04(木) 17:16:38 ID:???
「しかも今からあのブロックを爆破します!」とか言って
空き地に置いてあったレンガを積んだものを指さす高山君。
さすがに子供心ながら「それはやべぇだろ、、、」と思ったが高山君はお構いなし。
颯爽と歩いていって地面にカプセル、いやボンバーマンの爆弾を設置、
100円ライターで火を付けた。

おすすめ人気記事

引用元: http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/retro/1220438283/

35: 2008/09/04(木) 17:25:44 ID:???
長めの導火線だったためちょっと時間がかかった。
高山君が20メートルほど走って離れた。

「ボボン!」

どうやら火薬が湿気っていたらしく大爆発では無かったが
近所中に響く程の音だった。
しかもくすぶった火薬が20メートル離れた高山君のシャツ、半ズボンや足に飛び散ったので
熱さに大泣きしながら高山君はこちらに駆けてきた。
「やっべー!俺1機タヒんだ!1機タヒんだ!」
穴だらけになったシャツや半ズボン、小さな火傷の後が赤くなった手足。
音と煙に慌てて飛び出してきた近所の人々。

高山君はこっぴどく叱られ、学校では「花火を買ってはいけない」という決まりも出来た。

そして「ボンバーマンの爆弾はリアルでも非常に危険だ」という事も高山君のおかげで
強烈に味わう事となった。

36: 2008/09/04(木) 17:28:56 ID:???
なんという伝説

37: 2008/09/04(木) 17:39:23 ID:???
他にも高山君がある日、
「メトロクロスやんねー?」と聞いてきた。

近所の廃工場にドラム缶が100個ほど放置してあり、
それを転がして遊ぼう、という誘いだったのだが。
もちろん他の友達も
(高山君がゲームごっこを始めると大抵高山君が酷い目にあうよな、、、)と
心の中では思っていたのだが、「うん、いいよ!」と笑顔で答えた。

「じゃあ俺ランナーなー!」とコーラの空き缶を立てて並べる高山君。
横にしたドラム缶を転がすために待機する俺たち。

「ぴーっ!ぴーっ!ぴーっ!ポーン!」
元気な掛け声と共にスタートした。

40: 2008/09/04(木) 18:14:12 ID:???
勢いよく走り出す高山君。
コーラの缶を上から縦に踏みつぶし進んでくる。
4個目で足首が内側にグキッとなった、、、転んだ。

もちろん俺たちは冷静に見守る。これくらい、いつもの高山君ならよくある事だ。

起きあがり5個目の缶は蹴り飛ばす。
…高山君、半分ヤケだ。痛かったんだね。

さぁ、俺たちの出番だ!
思いっきりの力でドラム缶を蹴り飛ばす。
中身がなにやらタプンタプン言ってるが気にしない。
彼はランナー。軽やかに飛び越えるはず。

…だったのだが、、、

41: 2008/09/04(木) 18:27:10 ID:???
砂利敷きの敷地内にゴロゴロ転がる石ころ。
そこを劣化したドラム缶(謎の中身入り)が勢いよく転がるのだ。
とがった小石の上に乗り上げた瞬間、ドラム缶に穴が空いた。

その穴から真っ黒な液体が飛び散る。
…どうやら燃料用重油のような物が残っていたらしい。

飛び越える直前に穴が空いたため、勢いよく縦一文字に重油を浴びる高山君。
ちょっと格好良かった。スーパーカーみたいなその模様が。

2個目のドラム缶は立ちつくした高山君の膝付近にクリーンヒット。
痛いやら黒いやらで呆然とする高山君の目には涙が光っていた。

まるでタイムアップになったメトロクロスのランナーのようだ。マジでリアル。

こうして「メトロクロスのランナーが必タヒに走る理由」の片鱗を僕たちは現実世界で理解した。

42: 2008/09/04(木) 18:29:49 ID:???
こうして考えると、理不尽に見えた当時のゲームも実に現実的で
いつ起こってもおかしくない出来事を基に作られていたんだなぁ、と思う。

高山君、今頃何のゲームごっこをしているんだろう。

…もう32歳か、、、

45: 2008/09/04(木) 19:56:32 ID:???
高山ワロタ

46: 2008/09/04(木) 22:35:31 ID:???
高山君のその後が知りたいw

47: 2008/09/04(木) 23:01:49 ID:???
高山君も面白いが、それを語るお前さんも文章が面白いな。

48: 2008/09/04(木) 23:14:56 ID:???

18: 2008/09/04(木) 07:38:09 ID:???
スーパーマリオの後だから半キャラ分位の落下でタヒぬのが
とんでもないショッキングな事に見えたんだよね。当時は。

つか、下り坂でジャンプしたらタヒ亡は、唯一の再評価不能ポイント。

地元の友達に「高山君って今何やってるか知ってる?」と電話してみた。
2浪して東京の私立大学に進学したけど5年間在学したあげく学費滞納で除籍されたそうだ。
その後地元に帰ってきたらしいとの事だがそれ以上の事は判らなかった。
つーか誰も高山君に興味が無いらしい。

俺だってこのスレの>>18を読むまで忘れてたよ。
ごめん高山君。

給食の時間にカレー皿を頭に乗せて
「カレクック!カレクック!」みたいな事をやってたら案の定、床に皿を落として
罰としてカレー無し、昼休み中正座だった高山君。

ファミコンコントローラをテーブルに置いて
「五十連打ぁっ!!!」などといいながら両手で連打してたら
コードが引っかかって本体ごと床に落としたために床においてあった
ドラクエ3のデータが軒並み消えた高山君。

被害者のご冥福をお祈り申し上げます。

50: 2008/09/05(金) 00:53:23 ID:???
高山くんでゲーム一本作れそうだな

しかし小学生のころはたしかに何らかの形でゲームを現実世界に持ち込んで遊んだなあ
高山くんの戦歴は「ネタか?」ってくらい出来過ぎなんだが、子供時代ってそういう嘘みたいな
人が本当にいるんだよなあ。なんか懐かしい。

51: 2008/09/05(金) 03:40:37 ID:???
花火ばらしは俺もよくやったなぁ他にも花火改造

消防時代 60連発とかいう打ち上げ花火の一番外側の筒をノコギリで切って(花火は切らない)反対側にテープでつけ(花火の台に筒をつける)花火に火をつけ筒を腕に装着しロックマンごっことか

次々に発射されるロックバスターで友達と攻防… あの頃はよかった

52: 2008/09/05(金) 08:29:48 ID:???
そういえば他にも高山君のエピソードとして
・高山君、エキサイトバイクを目指す
・高山君、忍者ハットリくんになりたくてピーピヨピヨピヨピヨのまっき
・高山君、まさかのメタルマン!?
・高山君、SPY&SPY&失敗

とかあるんだけどどうしようか?思い出話になっちゃうとスレ主に刺されそうだけど
スレを立ててやるほどの事でもないんだよな、、、

56: 2008/09/05(金) 10:30:07 ID:???
高山君の残機はいくつなんだろう?

57: 2008/09/05(金) 10:34:48 ID:???
高山君がハマってたゲーム
・算数2年 けいさんゲーム(高山君、小4の時)
・アトランティスの謎
・マインドシーカー
・ワープマン
・マイティーボンジャック
・頭脳戦艦ガル

うーん、、、、

58: 2008/09/05(金) 10:47:21 ID:???
>>57
よくも、そこまで糞ゲーばかりを・・・ゴクリ

65: 2008/09/05(金) 15:43:51 ID:???
今思ったんだけど、高山君の名前を伏せ字にしなかったのはまずかったかな、、、
このスレを万が一高山君が見たら絶対「俺じゃん!」ってなって
「あああ…あの野郎ッ…!俺の幼い想い出を暴露しやがって!」とか言っちゃって
実家とかに押し掛けて来ちゃったらどうしよう!
まあいいやドラム缶転がして撃退するし。

70: 2008/09/05(金) 16:33:15 ID:???
・高山君、エキサイトバイクを目指す
当時、小学生の間でスポーツ自転車が流行ったんだよ。
あの細めのタイヤでカマキリみたいなハンドルの。
友達はみんな憧れてたんだけど大抵高校生位にならないと買えなかった。
そんな中、高山君はスポーツ系でも「マウンテンバイク」を乗ってきた!
まだ全然その辺じゃあまり売ってなくて初めて見る代物だった。

「従兄弟の兄ちゃんが買ったから借りてきた!バイクみたいだろ!」

そして受け売りと思われる「斜面を登ったりジャンプしたりする」という説明をした。

「それ、エキサイトバイクみたいな感じじゃん!すげぇ!」と
お母さんのお下がり自転車を乗っている小林君が言うと
「そうだよ、あれくらいのことがこの自転車ならできるんだ!」と
胸を張って高山君は答えた。

早速近所の建設会社の資材置き場へと向かった。
今思えば小林君の一言は高山君の素敵想い出へのナイストスだったのかもしれない。

72: 2008/09/05(金) 20:06:36 ID:???
「よーし!今からエキサイトバイクをしまーす!」
砂利や土やコンパネが積まれた前で誇らしげに高山君が宣言した。

高山君以外はママチャリや子供用自転車ばかりだったので
とりあえず積まれたコンクリート製品の上に腰掛ける俺たち。

「まずはスタートして最初の山な!」
そういってくちバイクをしながら土の山に向かう高山君。
60センチほどの高さの山を無難に乗り越えた。
おおー!と盛り上がるギャラリーを後目に
「次は大きな山です!ブロロロロロロロ!」と
1.5メートルくらいある土山へと漕ぎ出す。
途中でよたるも何とか頂上へ。
ガッツポーズをする高山君はきっと輝いていたと思う。

そこで小林君が一声掛ける。
「エキサイトバイクなんだからジャンプ!ジャンプ!」

実は高山君、手放し走行ですっ転ぶほどの腕前なのだが
俺は黙って見守った。
もしかしたら、、、もしかしたらマウンテンバイクなら、、、やってくれるかも知れないッ…!
そんな期待も込められていた。

76: 2008/09/05(金) 21:56:14 ID:???
「どういうつもりでそんな真似をしたのかわからない高山君」スレになってるな
だが、それがいい
これはゲーム系blogで紹介されるべきだな
糞スレからよく解らないうちに良スレになった典型的パターン

79: 2008/09/05(金) 23:15:58 ID:xGQe2sqV
もう高山くんDS作ってくれ。
ナムコのゲーム力なんたらみたいに、高山くんの足跡を辿りながら
ゲーム(というよりエピソード)を追体験してゆく 内容で。

84: 2008/09/06(土) 01:31:43 ID:???
高山くんは神だな

85: 2008/09/06(土) 02:03:23 ID:???
だけど、みんな高山くんと似たような経験はしてるハズなんだぜ?
すっかり忘れちゃってるだけで・・・

外で遊ぶ習慣があった事は必須条件だけどw

91: 2008/09/06(土) 18:06:05 ID:???
>>85
あるにはあるが、話のネタになる経験がないなぁ。
ゼルタのせいでブーメランと弓矢の自作が流行ったとか、
ダンボールや木材で剣と盾作ってリンクの冒険みたいな戦いをやったとか、
歩くモーションで足踏みしながら「ワッハハハハハハ!」と叫ぶ、
スパルタンXのモノマネとかやったが、
高山君みたいな危ないところまではいかなかった。

87: 2008/09/06(土) 14:42:30 ID:???
高山君は寒風吹く中、薄手の長ジャージ一枚でみんなを日曜日の学校に呼び寄せた。
小脇に抱えているのは風呂敷包み。
…まさか、、、学校の屋上からムササビの術、、、?などと考えていると
「今から新しい忍術を見せます!これは凄いです!」と高山君が得意そうに発表を始めた。

つい先日も昼休みに砂場に穴を掘って土とんの術をやろうとして生き埋めになりかけた事を
俺は知っていたので別の意味で期待が膨らんだ。

「今からプールへ移動しましょう!」
そういって友達を校舎の後ろにあるプールへと先導した。

入り口のドア(鉄柵)を乗り越え、緑色の水を湛えたプールサイドに集まる。

「それでは発表します!水ぐもの術です!じゃーん!」
そう言って風呂敷包みを解き、中からなにやら取りだして頭上に掲げた。
手には魚屋で貰える発泡スチロールの箱の上蓋に穴を空け、ビニル紐を通して作った
かんじきの親分みたいなものが2個あるのみであった。
「これを使って今から水の上をスーイスイと歩きます!スーイスイと!」
そういうとビニル紐で出来た鼻緒に靴を引っかけた。

93: 2008/09/06(土) 23:09:40 ID:???
発泡スチロールを足に、緑のプールへと足を踏み出す高山君。
少しの間、水面を片足でチャパチャパとやっていたが、やがて意を決したように踏み込んだ。

「にんじゅt、、、」

何やら言おうとしたが、沈んだ。

俺たちは助けるのが面倒なのと濡れるのが嫌なので眺めていたらほどなくして上がってきた。
ハットリくん、一機タヒんだな。

「やっぱ忍者への道はほど遠いかぁ、、、」
そういって高山君は緑色に染まったジャージを絞りながらクシャミをした。

今思うと高山くん、ほど遠いも何も一歩すら近づいてなかったよ。

94: 2008/09/06(土) 23:23:13 ID:???
高山君はその後、まるで漫画のように風邪を引いて
肺炎も併発して、噂ではタヒにかけたらしいけど
それは些細な事ですよね。

95: 2008/09/06(土) 23:35:27 ID:???
・高山君、まさかのメタルマン!?

ある朝、高山君が得意げに話しかけてきた。
「今日は良いもの持ってきたぜ」
ランドセルの中から何やら取りだした。

「じゃーん!本物のメタルブレードだぜ!」
草刈り機の丸い刃をどこかで拾ったらしい。
確かにメタルブレード風な形だ。
あっちは丸ノコの刃だろうけど。

おでこに当ててメタルマンのポーズを取る高山君。
「ちゃらっちゃらっちゃー ちゃらっちゃらっちゃー ちゃらっちゃっ ちゃらっちゃっ ちゃっちゃっちゃらりら~」
鼻歌もばっちり決まっていた。

「ロックマンごっこやろうぜー」

正直、勘弁してくれ。そんなモノ喰らったら大ケガだ、、、
そう思いながらも高山君なら何かやらかすに違いないと思い、
俺は二つ返事でOKを出した。

96: 2008/09/06(土) 23:44:37 ID:???
放課後、メタルブレードを投げてみるべく、焼却炉へと向かった。
立てかけてある板が仮想ロックマンだ。

「ほりゃ!」
板に当たった場所が結構凹んだ。
なかなかの威力に高山君は満足そうだ。
「へへ、これでいつロックマンが来ても負けないぜ!」

…高山君、君はワイリーの手下だったのか。

「ちょっと貸してよ」
俺が頼むと高山君は上機嫌で貸してくれた。
やっぱりメタルマンたるもの気前が良くないとな。しらんけど。

「ふん!」
なんと、見事に板に突き刺さった。
手裏剣の時も刺さらなかっただけに高山君は面白くなかったようだ。

「俺が今から本気出すもんねー!」
そういうと高山君は再びメタルマンの決めポーズを取った。

97: 2008/09/06(土) 23:49:12 ID:???
高山君が肺炎でタヒにかけてるのに友達はみんな薄情wwwwwww

98: 2008/09/07(日) 00:44:35 ID:???
おーくせんまん!おーくせんまん!
が見たくなったわ

102: 2008/09/07(日) 21:51:31 ID:???
高山君の本気メタルブレードをついに目にする事となった。
大きく振りかぶって目を閉じた。
精神集中のつもりだろう。
もし目の前にロックマンがいたら体力半分は持って行かれるくらいの時間が過ぎた。

「ほりゃ!」

全身のバネを惜しみなく使って投げる高山君。
すごい勢いで、、、

…コンクリート製の焼却炉に当たった。

全力で投げたメタルブレードはそのまま跳ね返り、高山君の足元に飛ぶ。
落下点はズック靴の甲だった。

「いってぇぇぇぇぇぇぇ!」

高山君はそういうと一気に靴を脱いだ。
靴下まで穴が開き、血がにじんでいた。
買ったばかりの靴にも穴が開いた。

「何故ワイリーステージのメタルマンはメタルブレードで大ダメージを喰らうのか?」という疑問が
一気に氷解したような気がした。
そりゃ痛いよな、あれじゃ。

109: 2008/09/08(月) 12:18:09 ID:???
草刈機のじゃなくて、業務用のでっかいカンヅメのふたの部分
(缶きりであけてあるためフチの部分がギザギザしてる)がゴミ捨て場に
大量に捨ててあって、それをメタルブレードだーとかいって投げて遊んでた記憶はある。
今思えばちょーあぶなかったなあ……

ところでロックマン2の全盛時代にそんなことをやってた俺も今年27。
当時小1~2だったことを考えると、高山君は小5~6~中1なのにそんなことをやっていたのか。

110: 2008/09/08(月) 12:55:35 ID:???
高山君は6年生の時までファミコン大好きな夢見がち少年だったよ。
流石に中学に入ってからはファミコンごっこはしなくなったけど
ゲームは続けてたみたい。
部活が忙しくてそれどころじゃなかったけど。

111: 2008/09/08(月) 13:00:37 ID:???
中学編はないわけか
残念だ

112: 2008/09/08(月) 14:24:19 ID:???
小学生のクラスの時にいたなあ。高山君。
そんな彼のニックネームは何故かマンさんだった。何でマンさんと呼ばれるようになったかは忘れた。

146: 2008/09/14(日) 16:32:42 ID:???
プールの中でサイコクラッシャーやローリングアタックをしていたあの時
フェンスに登りながらヒョーと奇声を発していたあの時(その後先生に怒られた
学校の帰り道をダブルラリアットしながら歩いて行ったあの時

何もかも懐かしい

147: 2008/09/14(日) 17:14:29 ID:???
>>146
プールの中でスピニングバードキックならやった。
すぐに鼻から水入って涙目…

159: 2008/09/18(木) 18:06:10 ID:7/E+qnaq
高山くんで思い出したんだけど、俺の同級生も自宅のベランダで弟の波動県くらってベランダから墜ちて頭打った奴いたな。
何故かその後、頭が良くなって今じゃ学校の先生やってるよ。

160: 2008/09/19(金) 23:57:41 ID:???
>>159
こんな馬鹿なことしてたら駄目だ!
って悟ったのかもなw

192: 2008/10/22(水) 19:53:46 ID:???
久々に中学時代の友人に会った。
高山君の消息は相変わらず不明だったけど小学校時代のエピソードを聴いてきたよ。

・高山君、迷路ネズミ的休日
その友達が高山君と遊びに行ったときのお話。
年末押し迫る12月末の日曜日、年末年始休暇直前の児童館に数人で遊びに行ったそうだ。
小さな図書館や講堂が併設されていて、その講堂には一輪車や竹馬など、子供が遊べる器具が置いてあった。
中でもダントツ人気は大きなトランポリン。
直径3mほどのそれは、近所の子供たちに大人気だったんだけど
その日は朝一番で行ったから貸し切り状態だったらしい。
「ふぉーーーっ!!!トランポリン取ったー!!」
無駄にテンションがあがる高山君。
誰よりも勢いよく、思いっきり飛び乗った。
トランポリンは多少古くなっていたが、さすがに小学生の体重で壊れるような代物ではなかったので
高山君は華麗に宙を舞ったらしい。
3回、4回とジャンプするうちに天井に張り付くかのように風船が浮いていることに皆、気がついた。

「うおお!風船発見!キャッチせよ!」

1mほどの紐が風船から下がっていたのでそれをつかもうと跳ねる高山君。
しょっちゅう通っていたため、コツを得ていたのと天井がそれほど高くなかったのも手伝って
風船を掴むのも現実的に思えるほどだった。

193: 2008/10/22(水) 20:07:49 ID:???
子供会のクリスマス会が前日に開催された時の飾り付けが残っていたのだろう。
その風船を掴もうと跳ねているうちに高山君がさらに気づく。
「これってマッピーのボーナスステージじゃねぇ?」
つくづく高山君の生活はファミコンと重なるようだ。
「トランポリンが破ける心配もないし、俺パーフェクト取ったー!」
パーフェクトも何も残念ながら風船は1個しかない。

あと少しで風船を掴めそうになったその瞬間、高山君が急に止まった。
正確には跳ねなかった、らしい。

トランポリンの縁の方まで跳ねてしまったため、トランポリンの皮?と縁の枠(クッションで覆われている)の隙間に
見事に片足がハマったそうだ。

破れることのないトランポリンでワンミスする高山君はマッピーを超えた。
おかげで外ももと内ももにミミズ腫れと擦り傷、おまけに児童館から
「ケガをした人がいて危険なためトランポリン使用禁止」という対処を取られ
高山君の短いマッピー人生は終了した。

風船は次の日、しぼんで床に落ちていたそうだ。
高山君、パーフェクトならず。

194: 2008/10/22(水) 20:29:11 ID:???
高山君は跳ねる物との相性が逆の意味で最適だ。

・高山君、SPYvsSPYvs失敗
高山君と一緒に廃車置き場に遊びに行った時の話。
オトナの人に見つかればもちろん怒られる場所だが高山君にかかればそこはもうファミコンワールド。
赤い車を見つければ「ロードファイター!」といって運転席に乗り込んだり
捨てられているいかがわしい雑誌を見つけた時はオトナの階段上るアドベンチャー。

そして大きなスプリング(たぶんサスペンションか何か)を見つけた。
「ジャンプ台作ろうぜ!マリオみたいなやつ!」
板を持ってきた高山君はスプリングに紐でくくりつけた。
その瞬間、俺と小林君の脳裏では「高山君がまた痛い目に遭うな…」という考えがよぎったが
まぁ、いつも通り見守った。

地面にスプリングを半分埋め込んで「ジャンプ台」完成。
「俺一番!俺一番!」とその上に飛び乗る高山君。

ok。高山君は見事に横ゴケした。
小学生が埋めた程度じゃ地面に固定なんか出来るわけもなく。

「いってー!頭きた!もうこれを罠にしてやる!!」
スプリングを車のドアに挟んで紐で縛り、その紐が切れるとドアが勢いよく開いて
敵を倒す…、という寸法らしい。

195: 2008/10/22(水) 20:43:00 ID:???
3人で力一杯ドアを押さえ、紐で縛る。
明らかに違和感のある見た目のドアになった。

「よし、これでいつ敵がやってきても大丈夫」高山君は満足そうだったが…敵?

しかし、高山君の完璧な作戦にも大きな欠点があった。
「紐が予想以上に劣化していた」という事。
ブチッと紐が切れた、と思う間もなく、バネの力を蓄えた車のドアが
満足げに眺めていた高山君に向かって開いた。
そこそこの勢いだった。クリーンヒット。

ドアが当たった勢いで尻餅をつく高山君。
足下に束になっていた有刺鉄線が容赦なく高山君に襲いかかる。

「いってー、血が出た・・・」
涙目でひっかき傷を見せる高山君。しっかりTシャツも破れている。
ある意味、大仁田よりも先に有刺鉄線デスマッチを見せたともいえる。
ボンバーマンと合わせれば有刺鉄線爆破デスマッチだ。
SPYvsSPYのスプリングは現実世界でもそこそこ威力があることを
高山君はまたしても証明してくれた。

高山君は今も元気かなー。

197: 2008/10/22(水) 20:55:58 ID:???
高山君www

198: 2008/10/22(水) 21:18:08 ID:???
あぁ、高山君の話を聞くと和むなぁw

203: 2008/10/23(木) 21:40:21 ID:iB5zxYcC
高山君の伝説は止まらないな

200: 2008/10/23(木) 06:33:39 ID:???
高山君伝説作りすぎw

よく読まれている人気記事

あなたにオススメ

あなたにおすすめのアイテム

コメント

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。