カテゴリ: 漫画 コメント: 0

ベルセルク、ついに妖精島に到着!!

ベルセルク、ついに妖精島に到着!!
1:
出発してから15年
f0245681_1118422

おすすめ人気記事


引用元: http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1448411231/

ベルセルク (漫画) とは


『ベルセルク』(BERSERK)は、三浦建太郎による日本の漫画作品。白泉社発行の漫画誌『ヤングアニマル』にて不定期で連載されている。単行本は白泉社からジェッツ・コミックスのレーベルで刊行されている。

url

中世ヨーロッパを下地にした「剣と魔法の世界」を舞台に、身の丈を超える巨大な剣を携えた剣士ガッツの復讐の旅を描いたダーク・ファンタジー。題名の『ベルセルク』は北欧神話の狂戦士伝説に由来している。『ヤングアニマル』誌の前身である『月刊アニマルハウス』1989年10月号より不定期に連載されている。
細部に渡って緻密に描き込まれた重厚な画に加え、長大な俯瞰とモブシーンの多用、主要キャラクターの内面と感情的な繋がりを表現するストーリー、壮大な世界観が特徴である。日本国内のみならず海外でも単行本が出版され、世界中でも支持を集めている。2002年には第6回手塚治虫文化賞マンガ優秀賞を受賞し、2011年時点の単行本の発行部数は、国内累計2400万部、海外累計700万部を記録している。

2:
連載してんの!?

3:
月1で連載してるよ

4:
昨日ブックオフで37巻108円で買ったわ

5:
作者が丸くなって仲間殺せない模様

13:
>>5
蝕以外で死んだ名有り仲間は老衰のゴドーしかいないぞ
ガンツあたりと勘違いしてないか
三浦はポンポン仲間を殺さない

18:
>>13
そもそも仲間がそんな増えんやん
蝕で十分仲間ポンポン死んでるし

6:
もう俺たちの戦いはこれからだで完結させていいと思う

9:
漫画=玉手箱やな
待ってたら俺らが爺さんなるわ

10:
もう文章でいいから続き書いて終わりでええよ

12:
ファルネーゼあく使徒化しろよ

15:
アカン震えてきた

20:
やっと着いたんか

23:
ジャパンの続きが読みたい

27:
着いたんか
じゃああとは皆で妖精島で平和に暮らしましたで終わりでええで

28:
はっきり言ってなんかもうガッツが全然ベルセルクって感じじゃないんだよな
恐怖を怒りで塗りつぶせとか言ってた頃が懐かしいわ
あと、狂戦士の甲冑着てるガッツがバットマンのパチモンみたいで糞ダサい

休載中も過労で倒れるくらい作画作業しまくっとるらしいけど
ハッキリ言って書き込みが多いだけで漫画としては下手になってってる感じするし
力の入れ所間違ってるねんロストチルドレンの章くらいの絵が一番好きだった

34:
>>28
わかる
甲冑完全体のせいで動きも超人じみてるし、もう出来の悪いヒーロー物みたいや

36:
妖精の島から妖精の王に会うまでに5年くらいかな

37:
シールケのおかげでかなり無茶しまくってもどうにかなるのがなぁ

51:
>>37
これがよくない

38:
いうて初期の頃から人間やめてる動きしてたやろ

50:
>>38
人間以上チート以下の絶妙なバランスで超人と戦ってたのがよかったんや

53:
>>50
言うても敵チート過ぎてどうしようもないよもう

39:
全滅エンドは勘弁やで

57:
相変わらずシールケかわええな

74:
最近月一で書いてくれてるからうれC

79:
実際15年もかかったか?
10年くらいな気がするわ、へーきへーき

88:
これ島で目的果たしたあと戻るのにも15年かかるんちゃう?

94:
連載期間長過ぎて作者のテンションが切れてもうたんやろなぁ

110:
グリフィスとか絶対勝てないやん
最後どうするんやこの漫画

114:
15年って感覚がなかったまだ五年くらいやと思ってたそっちのほうが衝撃的や

よく読まれている人気記事

あなたにオススメ

あなたにおすすめのアイテム

コメント

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。