カテゴリ: 漫画 コメント: 4

星海社「出版においては量を伴わない質なんてものはない 量を出せないと超一流にはなれない」→この発言に他の編集者も同意

星海社「出版においては量を伴わない質なんてものはない 量を出せないと超一流にはなれない」→この発言に他の編集者も同意
1: 2016/09/09(金) 06:42:51.89 ID:CAP_USER

太田
質と共に量を出したい方、量を出して自分を高めたい方に来てほしいですね。

藤崎
星海社には、小さな職人タイプの方は合わないんでしょうね。

太田
例えば、年間5点だけ気合いを入れて、魂を込めて、万全の体制で編集しますよ、という方は、もちろん業界にいてもいいんですけど、星海社には合わないだろうなという気はしますよね。それに、出版においては、量を伴わない質なんてものはないんですよ。これは言い切ってしまっていいと思います。僕の知っている一流以上の編集者で、質のほうが大事だから量を絞ったほうがいいなんていう人は、ほとんど誰もいないです。量を出せないと超一流にはなれないですから。
こういう話をすると、それでは粗製乱造になるんじゃないんですかとよく言われるんですけど、ちょっと考えてみてくださいよと言いたい。
そこはピッチャーと同じなんですよ。年5試合しか投げないけど必ず勝利する選手と、年間4敗はするけど20勝をあげる選手ならば、20勝の選手のほうがもちろんずっと素晴しいピッチャーなんですよ。

引用元:http://sai-zen-sen.jp/works/extras/recruit201609/01/01.html#p018

◆この発言に他のラノベ編集も反応

[email protected]_editor
ライトノベル編集者。MF文庫J編集部副編集長を経て、現在は講談社ラノベ文庫編集部副編集長。
担当作はアニメ化の『銃皇無尽のファフニール』(ツカサ/梱枝りこ)『クロックワーク・プラネット』(榎宮祐・暇奈椿/茨乃)ほか多数。 ラジオ「庄司智のラノベ編集者NIGHT!」放送中!

9: 2016/09/09(金) 07:22:11.78 ID:tL4G7BEs
>量を伴わない質なんてものはない

これは日本の出版制度の悪しき風習だろ
自転車操業になっているから量を出さないと潰れてしまう
そのいい訳にしか過ぎないね

11: 2016/09/09(金) 07:26:09.32 ID:+92iJ60n
小説家になろうだって粗製乱造で成功してるようなもんだ
素人でも気軽に粗製乱造できる場所を用意してやったら
たくさんの人と作品が集まって
夥しい駄作の中から、ほんの一握りの面白い作品が見つかる

4: 2016/09/09(金) 06:56:35.28
そりゃそうだろ
漫画だろうとラノベだろうと、ほとんどは打ち切られて消える
WEB漫画やWEB小説投稿サイトにしたってそうで
99%はゴミな山の中から1%の当たりを探すようなもんだ
でもまず母数が多くなければ、その中に宝も混ざらない

おすすめ人気記事


引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/moeplus/1473370971/

5: 2016/09/09(金) 07:04:57.22 ID:ZYtwn0xr
じゃあ富樫とかは論外のクズ野郎なんですね

30: 2016/09/09(金) 08:41:41.01 ID:gWJPfFDe
>>5
そもそもこれは作家じゃなくて編集の話だから

33: 2016/09/09(金) 08:58:15.77 ID:12b/J6fI
>>30
言われてみるといつの間にか作家の話みたいになってるな
編集作業の点でみれば正しい。太田にはあんま賛同したくないけど

13: 2016/09/09(金) 07:32:18.24 ID:6RohQl6o
まあ当然だよね。量も伴わずに質を得るっ、て要するに「名作を意図的に作り出す」って事だし。
そんな事できれば苦労は無いっての。

14: 2016/09/09(金) 07:39:08.89 ID:GUq+St/x
星海社は藤島康介の自選画集 僕と彼女と乗り物と。の返本用
倉庫を手配しておいたほうがいいぞ
印刷の質はムダによく量刷り過ぎ ぜんぜん売れてないだろ あれ…
Amazonでこんなだし
3898位 ─ 本 > コミック・ラノベ・BL > コミック

16: 2016/09/09(金) 07:46:59.72 ID:Qi/tLlm5
そんなことを言うのは、その出版社自体が一流ではないからだな
一流の出版社は他で稼いできた資金で、量は伴わなくとも質の高い出版物を出すだろう

17: 2016/09/09(金) 07:53:16.22 ID:yECm4qlV
量出すのはいいんだが
一つの作品は一桁(10巻以下)にしとけ
作家が駄目だからどんどん面白く無くなっていく
って言うか無理やり続けさせられてる感がすごい

発掘やめてなろう系ばかり引っ張ってくるのが原因だろうけど

18: 2016/09/09(金) 07:59:43.37 ID:cD3oFl/Z
筒井康隆の乱調文学大辞典にあった
「あなたも流行作家になれる」
でも、日本では多作でないと売れないと
統計的から出していた。

英米のように十数年に一回本出すだけで
ベストセラーになるパターンはありえんと。

まぁ編集者とのやりとり、
取次・書店の棚確保つーあたりからも
仕方ない気もしたし

26: 2016/09/09(金) 08:21:30.53 ID:/KcAgZDO
>>18
アガサ・クリスティが出版社に土下座されてポワロの続編をウンザリしながら
書いてたってよww

50: 2016/09/09(金) 10:06:42.78 ID:EqOKU4hB
>>26
シャーロック・ホームズも
一度終わったのを引き伸ばしたしね

20: 2016/09/09(金) 08:07:45.80 ID:FS3Ej1p8
お粗末さんのイヤミのお笑い講座を思い出した

25: 2016/09/09(金) 08:18:46.46 ID:QJcnPnt9
そりゃ出版社はそう言うだろうなw

35: 2016/09/09(金) 09:14:36.41 ID:p7P9FEn8
下手な鉄砲ってことだな

38: 2016/09/09(金) 09:26:50.44 ID:J5BxvS8N
年32冊駄作ラノベvsハリーポッター

はい論破

41: 2016/09/09(金) 09:29:49.20 ID:18UgpVXW
自分が書きたいものをただ書くというのは、アマチュアの同人作家
「売れる作品」を書くのが、プロの作家
そして、超売れっ子になった、ごく一部の作家だけが、
「自分の書きたいもの」を書けるようになる

42: 2016/09/09(金) 09:33:55.99 ID:aHYPXZc5
無駄に量が多いとスカスカ
ネタ切れでもしつこく続編出させようとした挙げ句にペース大幅ダウン
ようするにお前ら無能編集の責任ってことだな

48: 2016/09/09(金) 09:57:12.57 ID:d0gsdx78
そんな事言ってるから、こんな事態になる
 ↓
no title

54: 2016/09/09(金) 10:22:04.04 ID:IVWH/75R
良作は一握り、たいていは駄作なんだから大量に出すしかないんだよな

58: 2016/09/09(金) 10:27:49.26 ID:0eGK/v7G
>>54
その大量の駄作は大赤字
一握りの良作によってなんとか原稿料が払えてる状態なので、可能なら当然駄作など出版しないほうがいいんだけどな

64: 2016/09/09(金) 10:33:50.48 ID:IVWH/75R
>>58
良作、駄作を決めるのは最終的には消費者側なんだから仕方ないの

70: 2016/09/09(金) 10:40:31.91 ID:+GoHkABa
金にならないの間違いだろ

72: 2016/09/09(金) 10:45:03.14 ID:yPjq6bxV
「これが買いたいっ!」と
思える本が全然なくなった理由がわかったわ。

書店頭で意味もなくふらふらするのが趣味だったが、
最近。平積みのも縦に並んでる奴も、どうも触手が伸びないんだわ。

美味しそうな匂いがしない。

78: 2016/09/09(金) 10:48:22.63 ID:ifimJkwV
え?これ作りてじゃなくて新人を発掘する編集者の話だろ

80: 2016/09/09(金) 10:52:14.97 ID:xqZ5XhqX
日本の小説を読まなくなった理由がこれだわ

87: 2016/09/09(金) 11:00:45.02 ID:cTN1hDpX
そりゃ数売らないと儲からないからな
稀に一発屋的に馬鹿売れすることもあるだろうが
何本も書いてりゃ当然総数は増えるしなw

91: 2016/09/09(金) 11:06:02.25 ID:xqZ5XhqX
パクリばっかりになるんだよな

92: 2016/09/09(金) 11:08:27.03 ID:qQeg8xAK
>>91
なんだかんだでブームに乗っかると小銭稼げる程度には売れるからなぁ
もちろんすぐに似たようなのが溢れてブームが終わるんだけど

101: 2016/09/09(金) 11:42:58.97 ID:WITEY+0u
なろう作家が強いのもこれだよなー
なろうで毎日連載してるタフさとすでにストックとファンが一定数保証されてるっていう

しかし新人賞取って一作で行方不明になる作家が多すぎるのはなんなんだろう
新人賞だけ出来が良くてその後はプロットも通らん(見てもらえない)のか?

103: 2016/09/09(金) 11:51:14.80 ID:AOMHB8cX
>>101
最後まで書ききれなくて、逃亡する奴が続出しているからだろ

129: 2016/09/09(金) 14:29:40.33 ID:6VO+HxXY
作家の話じゃなくて編集の話だからね。

そら量のが重要だろ。

132: 2016/09/09(金) 15:01:52.90 ID:/a+q1ub5
>>129
そうか?要は
「作者と一緒にネタ考えたり、取材したり、資料精査したりして一作に手間掛けてクオリティ上げるよりも、んな事せずにバンバン数上げた方がいいよね」
という意味だろ?
考え方・能力の違いはあるにせよ、これだけが正解とは思えんけどなぁ。
最近の、でもないが、ラノベの編集がそういった「傾向」なのは、まあその通りだけど。

149: 2016/09/09(金) 18:23:35.63 ID:uNrHr6cx
名作だけど売れない理由はどっちが多いんだろうな
・知られていないだけ
・極一部しか名作と思っていない

150: 2016/09/09(金) 18:42:07.41 ID:ewKxShog
>>149
まあ前者だろうな。
ただ馬鹿に見つからないほうがいい場合もあるんでね。

159: 2016/09/09(金) 19:27:30.71 ID:ewKxShog
特定の作品のバカ売れよりも
全ての作品がそこそこ売れる
方がいいだろうね

164: 2016/09/09(金) 19:59:12.85 ID:FCepnne1
ピッチャーのたとえが間抜けすぎてワロタw勝利数ちがったら当たり前だろw

167: 2016/09/09(金) 20:29:03.66 ID:HiyZl7io
投手に例えるのは無理があるだろ
まったく納得できない

168: 2016/09/09(金) 20:33:56.88 ID:njk9KMxo
一流の○○が選ぶ!っていう言い方に何度騙されたことか

169: 2016/09/09(金) 20:45:22.33 ID:Ap35wTwd
漫画でも小説でも同じよね
まずは書いて描いて書きまくらないとモノにはならない
野球でも、どんなに才能あっても練習しない奴はトップには行けない

173: 2016/09/09(金) 23:04:13.64 ID:bIzZcR64
まあ納得だわ。
漫画にせよラノベにせよ、最上位を走ってる作家に必ず共通してるのが
『筆が速い』という点だしな。

175: 2016/09/09(金) 23:36:10.00 ID:HHBu1EFg
どっちも星海社じゃないけどな
星海社に求める作家を確保できてないなら、やり方考え方が間違ってんじゃないの

182: 2016/09/10(土) 02:18:46.39 ID:xzMlMbZt
量か質かってのは
どんなコンテンツでも問われる問題だけど

質を保つために量を絞って成功した例を自分は聞いたことがない

183: 2016/09/10(土) 02:26:31.99 ID:HAHYO3xG
超一流じゃなくても、一流ならいいんじゃね?

よく読まれている人気記事

あなたにオススメ

あなたにおすすめのアイテム

コメント

  1. 名前:名無しのチェックメイト 2016年09月10 13:04:01 返信

    星海社の新書を一冊持ってるけど
    ちょっと信じがたいレベルで誤植まみれだったのは
    こういう方針でやってるからなのか。
    あんなん出してイッパシの顔するのは止めてほしいな。

  2. 名前:名無しのチェックメイト 2016年09月10 16:14:34 返信

    名文ってのは書き直した文章のことだって誰かが言ってた

  3. 名前:名無しのチェックメイト 2016年09月10 21:29:33 返信

    年5試合しか投げないけど必ず勝利する選手と、年間4敗はするけど20勝をあげる選手

    実際は年間4勝するけど20敗する投手の模様

  4. 名前:名無しのチェックメイト 2016年09月10 21:30:06 返信

    年5試合しか投げないけど必ず勝利する選手と、年間4敗はするけど20勝をあげる選手

    実際は年間4勝するけど20敗する投手の模様

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。