カテゴリ: アニメ, オタク コメント: 2

1978年にスターウォーズに影響されて日本が作った和製スターウォーズ「宇宙からのメッセージ」がそっくり過ぎると話題に(画像あり)

1978年にスターウォーズに影響されて日本が作った和製スターウォーズ「宇宙からのメッセージ」がそっくり過ぎると話題に(画像あり)
1:

【衝撃】1978年にスターウォーズに影響されて日本が作った和製スターウォーズがいろんな意味で凄い件(笑)

偽チューバッカ! 偽ジェダイ! 偽レイア姫!
01
1977年に北米で大ヒットした「スター・ウォーズ」。その人気にあやかろうと、1978年のスター・ウォーズ日本公開前に、日本の東映が猛スピードで作って公開した和製スター・ウォーズが存在するのをご存知だろうか?


・そこそこの人気を博した


その作品は「宇宙からのメッセージ」というタイトル
で、チープながらテレビドラマ化もされ、そこそこの人気を博した。しかし前述したように描写がスター・ウォーズと酷似しているため、どういう目的か不明だが、本物のスター・ウォーズのスタッフが撮影現場に訪れたこともある(偵察?)。
02
03
04
05

・いまだに愛されている作品

実際に映像を観ればわかるが、偽チューバッカや偽ジェダイ、偽レイア姫のようになキャラクターが登場しており、偽R2D2のようなドロイドまで登場した。しかし、一部のファンからは絶大な支持を得ており、いまだに愛されている作品である。


・ファンの声

「確かにこの作品はスター・ウォーズのモロパクリかもしれませんし、人気に便乗した作品かもしれません。しかし、子供のころに夢を与えてくれた作品なのは間違いなく、いまだに思い出に残る傑作なんです!!」


・和製スターウォーズが復活する!?

今後、「宇宙からのメッセージ」がリメイクされるという噂も出ている。もしかすると、このスター・ウォーズブームの再燃に合わせて、和製スター・ウォーズが復活するかもしれない!?


・同様のシーンがパクられるという逆パクリ現象

ちなみに、「宇宙からのメッセージ」の一部演出のデキがあまりにも良かったため、「スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還」で、同様のシーンがパクられるという逆パクリ現象が発生した。デススターに潜入する、あの有名な迫力のシーンである。


宇宙からのメッセージ(予告編)

おすすめ人気記事

引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1450545861/

スター・ウォーズ エピソード7 – スター・ウォーズ/フォースの覚醒


『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(スター・ウォーズ/フォースのかくせい、Star Wars: The Force Awakens)は、2015年に公開予定のアメリカのSF映像作品『スター・ウォーズ』シリーズの、主要実写映画第7作。ウォルト・ディズニー・カンパニーによるルーカスフィルム買収後初の『スター・ウォーズ』映画である。

公開予定は米国・日本ともに2015年12月18日の同時刻公開。

sw

公開日: 2015年12月18日 (日本)
監督: J・J・エイブラムス
映画シリーズ: スター・ウォーズ・シリーズ
原作者: ジョージ・ルーカス
出演者: ジョン・ボイエガ、 デイジー・リドリー、 ハリソン・フォード

Star Wars: The Force Awakens Trailer (Official)

Star Wars: The Force Awakens Official Teaser #2

Star Wars: The Force Awakens Official Teaser

『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』予告編2

「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」予告編

「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」特報2

「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」特報

「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」TVスポット

4:
東映は謎の作品を結構作ってるからなー
スパイダーマンとか

50:
>>4
レオパルドンも本家の漫画に登場した

5:
猿の惑星→猿の軍団ってのもあったな
あれはあれで面白かったが

6:
テレ東でやるべき
絶対録音するわ

427:
>>6
音だけかよwww

12:
どこが酷いんだよ
当時としては頑張ってるぞ

13:
15億円!?え?

16:
特撮すげー
http://youtu.be/IK_ZiX69yVU

30:
>>16
なんか面白そうじゃないかこれ
キャストも凄いし

55:
>>16
音楽も微妙に意識してんな
これもろぱく臭さえなければ結構いけんんじゃね?
ベイダー卿のぱちもんが酷すぎる以外は結構面白そうで見てみたいわ

17:
SWに比べれば確かにチープだったがスターウルフの方は面白かったな。バッカスIII世号は今でもかっこいいと思う。
宇宙からのメッセージはTV版もgdgdしててあまり観てなかった

18:
いやあれはスターウォーズっぽい演出やりたかっただけで中身は里見八剣伝だぞ

どっかかっつうと「日本でもハリウッドに負けない特撮を!」な流れからの惨敗的な映画

429:
>>18
制作費がね…

24:
テレビ版の方はそこそこ面白い

39:
元気があった時代とも言えなくも無いかどうか分らない

42:
和製スターウォーズは宇宙小戦争やろ

58:
その時代のSF映画だと戦国自衛隊が名作

102:
こういうの作れる元気が今の邦画には必要
前衛芸術映画なんぞ犬に食わせとけ

112:
この頃は本家スターウォーズも、当たり前だが第一作しかこの世になく、今後どうなるか分からないA級とB級の間みたいな作品だったぜ?
こんな和製映画が出来ても当時は不思議じゃなかった。

115:
>>112
そうそう。「全9部作の構想」なんて『宇宙船』か『スターログ』の読者くらいしか知らなかったんじゃないだろうか

116:
むしろこういうのが新しいw

118:
普通に面白かったね
当時ヤマトで流行っていた松本零士的だったな
東映スパイダーマンも本家原作者に絶賛されて蜘蛛のように腰をかがめるポーズが採用されたんだよな
最初直立だったんだが

134:
っていうかなんで日本の特撮だと
飛行機がいかにも上から釣ってます的感じになるのに
欧米はそうならないの?

245:
>>134
手動のCGだからな
no title

no title

no title

no title

260:
>>245
やってることはピープロと一緒だよな
https://www.youtube.com/watch?v=j93bqzzA2B4

136:
Xボンバーはモロ影響受けてるよな
ロボに変形する母船がまんまXウイングだしな

140:

141:
>>140
改めて見るとめっちゃ金掛かってるなw
合体中に攻撃されてて笑えるw

172:
結構よくできてるじゃないか。

217:
スターウォーズが公開されるまで日本の特撮は世界一と言って信じて疑わなかった国だからな

よく読まれている人気記事

あなたにオススメ

あなたにおすすめのアイテム

コメント

  1. 名前:名無しのチェックメイト 2015年12月21 14:14:02 返信

    著作権だとか版権とか色々ゆるかった時代だからこそってのがあるんだろうな。今だと速攻クレームなり裁判起こされそう。

  2. 名前:無明 2015年12月23 14:06:54 返信

    『猿の軍団』で思い出したけど、『宇宙猿人ゴリ』ってなんで宇宙猿人ゴリなんだ?普通『スペクトルマン』だろ?

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。