カテゴリ: アニメ, 漫画 コメント: 0

コミケは本当に大丈夫? TPPの著作権侵害の非親告罪化による問題、弁護士に聞いてみた!

コミケは本当に大丈夫? TPPの著作権侵害の非親告罪化による問題、弁護士に聞いてみた!
1:

コミケは本当に大丈夫? TPPの著作権侵害の非親告罪化

comicmar
 冬の「コミックマーケット(コミケ)」が29日に開幕します。コミケは日本最大の同人誌即売会ですが、その関係者にはある懸念がありました。環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)で合意された「著作権侵害の非親告罪化」です。

 TPPで著作権侵害の一部を非親告罪とすることで合意したことを受け、国内の著作権法改正の検討が進んでいます。そのなかで注目を集めるのが、同人誌などに代表される“2次創作”の取り扱いなのです。
「2次創作は非親告罪化に含めない方向で議論を進める」としました。しかし、本当にこれまでと同じように安心して同人誌などの創作活動を続けることができるのでしょうか? 著作権法に詳しい「骨董通り法律事務所」の桑野雄一郎弁護士に聞きました。


そもそも非親告罪って何なの?

 まず「非親告罪」の前に、「親告罪」から説明します。「親告罪」とは、犯罪事実を申告して処罰を求める意思表示(告訴)がなければ、公訴を提起することができない犯罪のことです。
「著作権侵害罪を親告罪とするのは、守られるべき利益はあくまで著作者の権利であり、その権利者が望んでいないのに処罰をする必要はない(桑野弁護士)」とのが理由からです。これが非親告罪化となると、告訴がなくても刑事裁判にかけられるようになり、罪を問いやすくなるのです。
 TPPでは、著作権について「著作権、実演家の権利又はレコードに関する権利を侵害する複製に係る罪のうち、故意により商業的規模で行われるものについて、非親告罪とすること。但し、非親告罪とする範囲については、市場における著作物等の利用のための権利者の能力に影響を与えるものに限定することができること」と定めています。


2次創作は「非親告罪の対象外」

 この合意を受け、11月に開かれた小委員会では、「非親告罪の範囲に、コミケなどの2次創作まで入れるのは行き過ぎだというエッセンスについては概ねコンセンサスがあるのではないか」との意見が委員から出されました。その結果、「2次創作は非親告罪の対象外」との方向で進む見通しとなったのです。対象外としたのは、いまやクールジャパンの代名詞でもあるアニメ・漫画文化の発展を支える2次創作について、萎縮させない配慮をした結果です。
 ただ、まだ不明確な部分が多いのも実情です。「今回の議論では、漫画・アニメを想定して2次創作を持ち出してきていると思います。しかしそもそも法律上、2次創作の概念がないのです。これをどう規定するかに注目しています(桑野弁護士)」
一般的には、既存の作品(原作)を利用して2次的に創作された作品です。具体的には、原作の登場人物(キャラクター)や世界観を利用したオリジナルストーリーの漫画や小説、リミックスやカバー曲などを指すようです。

そもそも非親告罪化でもあまり変わらない?
 桑野弁護士は「大前提として、2次創作が非親告罪化されてもそんなに心配しなくても大丈夫です」と指摘します。仮に非親告罪となっても、警察などは権利者に「コミケでこんなものが売られていますがどうですか?」という意向確認を行うからです。そしてその意向が重要視されています。権利者が「刑務所送りにしてほしいとは思いません。ほっといてもいいです」という反応であれば、その事案が裁判にかけられる可能性は事実上まずないのです。

でも本当に安心できるの?
 ただ、2次創作が非親告罪の対象外になったとしても、必ずしも安心はできません。昨年、漫画「ハイスコアガール」で他社のキャラクターを無断で使ったとして、大阪府警が発行元のスクウェア・エニックスを家宅捜索し、同社の担当者や漫画の作者らを書類送検(その後和解し、告訴取り消しで不起訴)しているのです。2次創作には原作者との信頼関係が必要で、悪質だと現状でも処罰される可能性があります。原作者からクレームを受けたら、すぐ2次創作を止めるなどの措置を取るべきなのです


桑野弁護士は「原則として著作権侵害を非親告罪とする今の制度は維持しつつ、例外的に親告罪になる場合を定め、刑も重くするというのが、一番やりやすい法改正ではないかと思います」と話しています

 同人誌などの2次創作物の制作はこれまでと同じように、原作者に配慮していれば問題はないでしょう。ただ、「2次創作」という概念が法律上どのように規定されるかは推移を見守っていく必要がありそうです。

おすすめ人気記事

引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/moeplus/1451268336/

コミックマーケット(Comic Market) とは


コミックマーケット(Comic Market、通称:コミケあるいはコミケット)とはコミックマーケット準備会が主催する世界最大規模の同人誌即売会。

comic

2:
>日本の表現文化全体に有益と考える

グローバル企業にとって有益でないものなら排除だろうな。
すべからく消費だけしてくれれば良いのだから。

4:
>>2
今は公式がBL書くのやめてって言ったら叩かれて撤回する時代だし無理だろう
むしろ素材提供してる

3:
法的に安全でないかもしれないけれども出すっていう人以外は止めたら良い
グレーであるうちに止めとかないと遡及して請求されるのが普通だからね

8:
どういう奴が裁判起こすのか見てみたい気もするw

10:
これも今更だな。
平和ボケというか、外交ボケだよな、お前ら!

11:
自然発生したものは力尽くで抑えても無くならない. 何度でも芽を出し繁茂する

12:
てことは、誰でも現行犯逮捕できるようになるのか。

13:
メリットもあるんじゃね?
例えば海外で違法アップロードしてる奴ら一掃出来るとか

19:
>>13
これは日本国内法の話。海外は無関係。
特にアジア諸国はTPP関係ない

15:
通報するのは自由だけど、証拠集めて根拠を示さないと警察は相手にしてくれない。
気に入らないからあいつ逮捕してくださいじゃ警察は動かない。

17:
インフルエンザが怖いから コミケには行かない

18:
二次の元ネタが国内に沢山あるのに
わざわざ洋物でかく奴の気がしれない

26:
自民党がコミケ守ってくれる理由なんて何一つ思い当たらない。
TPPを締結にこぎつけるまで反対の声は少しでも押さえておこう、って魂胆か?

30:
>>26
そもそも最初から海賊版対策って言ってる
でもこれじゃコミケとかもやばくね?ってツッコミ入ったら、え?マジ?じゃ修正しよって感じ

27:
転載ばっかのYouTubeのがむしろヤバげ。

28:
作家協会を見てると日本産のは大丈夫そうだけどな
海外ものは駄目そう

31:
あんなすぐに消えるようなのの取り締まりは緩くなるんじゃね?
完全に丸コピとは捕まるが、エ□が混ざってるのもやや厳しくなるかもね
作者死後70年まで売れるような著作物は、博物館コースかな

35:
これは例えばゲーセンとかにある出処が謎の海賊版グッズ対策だろう
同人誌と違ってああいう偽グッズは公式が出してるグッズの邪魔するからな
逆に同人誌買うから原作買いませんなんてないだろう普通w

36:
元から海賊版対策なんだけど二次創作やら同人誌やらコミケでややこしくなったんだよ

よく読まれている人気記事

あなたにオススメ

あなたにおすすめのアイテム

コメント

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。