カテゴリ: ライトノベル コメント: 7

なろう小説にありがちな失敗wwwwwwwwww

なろう小説にありがちな失敗wwwwwwwwww
1: 2017/03/06(月)17:14:02 ID:RIF
純文学風に書こうとして結局読みづらくなってる




2: 2017/03/06(月)17:16:01 ID:z37
同じ文中に同じ接続詞が三つ以上入っている




3: 2017/03/06(月)17:16:53 ID:4CK
火縄銃の仕組みがよくわからんくて適当に誤魔化した




4: 2017/03/06(月)17:18:14 ID:RIF
変に文体を凝るくらいなら最低限の情報で描写すればええだけなのに
ランキングに乗ってる小説は大体ミニマルやしな




おすすめ人気記事

5: 2017/03/06(月)17:18:17 ID:eXm
凡人を天才扱いさせるために相対的に周りが池沼化




6: 2017/03/06(月)17:18:19 ID:p25
楽に勝とうと書くあまり変なことになる




7: 2017/03/06(月)17:19:03 ID:AwT
小説家になろうに投稿すること

小説家になろう(しょうせつかになろう)は、株式会社ヒナプロジェクトが提供する小説投稿サイト。作者登録することで、無料で小説をウェブ上に公開することができる。また、「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標である。

多くの作品が登録されている小説投稿サイトである。ウェブ上で執筆が可能である点、携帯電話でも利用(執筆や閲覧)が容易い点で他サイトと異なる。

https://ja.wikipedia.org/wiki/小説家になろう




9: 2017/03/06(月)17:19:28 ID:RIF
言葉足らずやったわ
変に文体を凝るくらいなら最低限の文章で情景を描写すればええだけなのに
推敲って大事やね




10: 2017/03/06(月)17:20:17 ID:B7o
主人公を理不尽な目にあわせようとするも、やり過ぎて楚蟹を買う




11: 2017/03/06(月)17:21:53 ID:7zE
だいたい推敲なり校閲なりしないから誤字や矛盾や継ぎ接ぎの痕が残ったまま




12: 2017/03/06(月)17:24:23 ID:86z
文体がくどい




14: 2017/03/06(月)17:25:40 ID:d2u
最後まで完結できない




15: 2017/03/06(月)17:26:07 ID:8Wi
作者=ワイ




16: 2017/03/06(月)17:26:37 ID:13t
読者の声に左右される
書きたいもの書けばええやん




19: 2017/03/06(月)17:26:48 ID:ILq
一人称がガキっぽいからという理由で三人称で書いて読みにくくなる

ワイやで




26: 2017/03/06(月)17:29:32 ID:5De
物事の程度が分かってなくて有り得ないとか言われちゃう




27: 2017/03/06(月)17:30:09 ID:1Ta
>>26
椅子に座って称賛受ける例のアレかな?




33: 2017/03/06(月)17:32:13 ID:5De
>>27
それとか例の包囲殲滅陣やな




29: 2017/03/06(月)17:30:26 ID:AwT
主人公に自己投影しすぎて無双状態に




32: 2017/03/06(月)17:31:50 ID:CmJ
ここまで叩かれてるのに未だに転生ものがトップなんか?




35: 2017/03/06(月)17:32:30 ID:ryQ
>>32
そら(なろうキッズが圧倒的に多いから)そうよ




37: 2017/03/06(月)17:32:59 ID:ILq
>>32
転生&異世界で書けばてっとり早くランキグン駆け上がれるで




38: 2017/03/06(月)17:33:27 ID:RIF
>>37
(それは)ないです
転生物もなんだかんだ面白くないと読まれもしないで




50: 2017/03/06(月)17:39:23 ID:ros
>>38
日間に入るのは簡単やぞ
そこから先はしらん




41: 2017/03/06(月)17:34:25 ID:6g7
純粋なチートが嫌いなのか努力チートを書くが、それで上に立てるなら主人公よりも優れたやついるんじゃね?って内容になる




42: 2017/03/06(月)17:35:09 ID:AwT
鋼鉄に染まった身体でこちらに向かう誠也。その彼に僕は瓶を投げつけて、瓶に入っていた液体が彼の全身に降りかかる。

「なんだ……コレ?」

「皆、一斉に矢を放て」

僕の言葉に再び矢を放つゴブリン兵。だけど今度はその矢に火が付いていて、誠也の身体が炎に包まれる。

「火だろうと俺のスキルが破られ……がぁ……ぁ?」

炎の熱によって彼の鉄がドロドロに溶けていく、鉄が溶ければそこは元の身体に戻っていて。
誠也は地面に身体を叩きつけながら苦しそうな呻き声を上げる。

「あああぁぁあッ!? 熱い、熱い! がぁぁぁ!」

ずっと同じあるいは似たような単語を呟き続け、地面に転がる誠也。その打ち上げられた魚のような姿を見ながら僕は微笑むと。

「知っているかい? 鉄は熱に弱いんだ。これ小学生レベルの知識だよ」




43: 2017/03/06(月)17:35:41 ID:RIF
>>42
「その」多すぎィ!?




45: 2017/03/06(月)17:35:49 ID:cAB
>>42
ポケモンの知識定期




53: 2017/03/06(月)17:40:32 ID:RIF
>>42
よく見ると味わい深い文章やなぁ
体言止めと接続詞が使われすぎな割に感嘆符のあと1文字あけてるマメさ




60: 2017/03/06(月)17:42:47 ID:66D
>>42
これ鉄溶けるのはアレやけど
普通にファラリスの雄牛状態になるんやない?




67: 2017/03/06(月)17:47:17 ID:buG
「三勤務労働制……という言葉は知っていますか」
「三勤務労働制? 何を言っている?」
ふむ、やはり知らんか。もっともそれは仕方のない話なのかもしれない。
この案は私が前の世界に居たときから抱いていた新しい制度だ。知らぬのも当然だろう。
「簡単に言いますと朝は奴隷が働きます。昼は貴族が働き夜は農民が働く、こうやって朝、昼、晩と位毎に仕事を分けるのです」
つまり、奴隷は朝だけ働けば良くて貴族は昼、農民は夜と働く時間を決めておくのだ。
こうする事によって皆が同じ時間分働く事ができ不公平がおきない。
短期間で集中して仕事もできるから作業能率も上がりゆっくりと休憩時間も取ることができる。
今までは奴隷と農民が一日中作業をやっていたから、疲労が溜まり仕事の成果が上がらなかったのだ。
そこに貴族が加わり、タイムシフトも取ることで相互扶助の関係を構築していくのだ。
その事に気づいた騎士達がざわめき始める。今までに無かった新しい発想だ当たり前と言えるだろう。
「なるほど、ずっと貴族は仕事をしていなかったからな。貴族も仕事をさせれば負担が減るって訳か」
「今までそんな発想考えたことも無かった。まさにこの政治体制の盲点を突いた政策って訳か」

作者工場勤務説すこ




77: 2017/03/06(月)17:50:14 ID:p25
>>67
貴族も書類仕事してるんじゃないんですかね…




79: 2017/03/06(月)17:50:36 ID:RIF
鋼鉄を纏った身体でこちらへ突進してくる誠也。すかさず僕は液体が入った瓶を投げつけ、彼の全身に液体が付着する。。

「なんだ……コレ?」

「皆、一斉に矢を放て」

僕の言葉でゴブリン兵が再び矢を撃ち始める。先ほどとは違い、今度は火矢だ。誠也の身体が炎に包まれる。

「火だろうと俺のスキルが破られ……がぁ……ぁ?」

炎の熱によって鋼鉄がドロドロに溶けていき、彼は元の姿に戻っていく。
誠也は地面に身体を叩きつけ、悲鳴に近い呻き声を上げた。

「あああぁぁあッ!? 熱い、熱い! がぁぁぁ!」

同じ言葉を繰り返しながら、地面に転がる誠也。その打ち上げられた魚のような姿を見ながら、僕は

「知っているかい? 鉄は熱に弱いんだ。これ小学生レベルの知識だよ」

といった。

ちょっと改変してみたで
牡蠣ながら思ったけどえらく情景描写のない文章や




82: 2017/03/06(月)17:51:29 ID:66D
「あのー、少し聞くけど、いい?」

 俺はなるべく失礼のない話し方で言った。

「何かな?」と奥さん

「この肉の焼き方なんだけど、これは何処でもこのやり方?それともこの家だけ?」

「この焼き方も何も、他に如何焼けと言うの?」とリンナ

 どうやら、本当に分からないらしい。

「先ず、恐らくこの針の棒を指して竃に入れ込んだだけだと思うんだけど、竃の上に網か何かを置いてそこに人数分の肉を一旦置いて、程よく焼けたら裏にしてまた焼く。
 こうすれば両方に均等に熱が加わるんだけど?」




84: 2017/03/06(月)17:52:03 ID:OG8
>>82
失礼定期




88: 2017/03/06(月)17:53:37 ID:66D
「勇者の皆様には先ほど話したように、この世界の人より遥かに能力が高いはずです。
ステータスカードをお渡ししますので血を一滴カードの裏にある魔方陣に付けてください。
魔方陣に血を付けたら、表に自分の名前が出てくるはずです。そしてステータスオープンと言ってください。
そしたら自分のステータスが確認できます。あ、他には身分証明書などにもなりますから必ず無くさないでくださいね」

「「「「ステータスオープン」」」」

??????????????
石崎優汰 15歳 レベル∞

職業:神

HP:∞

MP:∞

攻撃力:∞

防御力:∞

素早さ:∞

命中率:∞

魔法攻撃力:∞

スキル:言語理解・神鑑定・神隠蔽・偽装
    聖魔法LvMAX・暗黒魔法LvMAX
    空間魔法LvMAX・創造魔法LvMAX
    召喚魔法LvMAX…atc




89: 2017/03/06(月)17:53:50 ID:OG8
>>88
atc定期




90: 2017/03/06(月)17:54:04 ID:1Ta
>>88
ステータスオープンの一言だけで既に臭い




93: 2017/03/06(月)17:54:58 ID:p25
>>88
エトセトラ定期




101: 2017/03/06(月)17:55:42 ID:MoC
>>88
非常停止システムは草




91: 2017/03/06(月)17:54:13 ID:RIF
取りあえず思ったのは血の文が雑誌の文章みたいになってるのが多すぎやね




95: 2017/03/06(月)17:55:09 ID:MoC
>>91
接してる文章がネットニュースと2chなんやろなぁ




97: 2017/03/06(月)17:55:23 ID:3rD
>>91
ダイイングメッセージかな?




94: 2017/03/06(月)17:54:58 ID:66D
「全軍撃てー」

バーン、バーン、バーン

孫一の合図により、各鉄砲隊より一斉に発報が開始された。
前衛である大高、五十目陣の武将たちは次々に倒れていく、伊達陣へも安東勢から発砲があったが、あまりにも静かな発砲であった。

「あー、痛い」

「いてー」

「肩を打ち抜かれた」

安東勢より、阿鼻叫喚があがった。




96: 2017/03/06(月)17:55:16 ID:OG8
>>94
棒読み過ぎて草




102: 2017/03/06(月)17:55:45 ID:RIF
>>96
多分この人は純文学の読み過ぎやな




99: 2017/03/06(月)17:55:37 ID:5De
>>94
学芸会かな?




100: 2017/03/06(月)17:55:39 ID:Kq4
>>94
一斉じゃないやん!




98: 2017/03/06(月)17:55:34 ID:6li
なんでこう偉そうな口調の軍師キャラが多いんだろう




104: 2017/03/06(月)17:55:50 ID:8s5
体がムズムズしてくるンゴ




126: 2017/03/06(月)18:01:24 ID:66D
「なんだ・・・・?この戦争は?」
俺は思わず口に出してしまった
「なんだ?とはなんだ?殴り合いで勝った方が勝ち、それが戦争だ」
「はぁ・・・低レベル過ぎる」
俺は思わず口に出してしまった
「何が低レベルだ! 殴らずにどうやって勝つ気だ!」
「こうすれば良いのさ」
俺は蹴りの動作、木の棒で殴るふり、石を投げるふりをして見せた
「な・・・・・なんと・・・」
「こうすれば攻撃のバリエーションが広がって勝つ確立を上げられる・・・これが戦術だ!」
その国の隊長は驚愕で言葉すらでないようだった

俺はさらに畳みかける
「それだけではない、防御力もアップするべきだ」
俺は鉄の板を適当に曲げて簡単な兜と鎧を作った
「これを身に付ければ防御力もアップする」
「鉄の板にこんな使い道が有ったなんて・・・」
隊長は絶句してそうつぶやいた

「ただ・・・これは飽くまでも仮の防具だ。金属というのは単体では能力が低い。鉄の板を作れるのなら他の金属も有るだろ?」
「銅や鉛のことか?」
「それらを鉄と混ぜて板を作ってみな! 合金ってテクニックだ。能力を上げることが出来る」
「あんたいったい何者だ?戦術も冶金術も詳しすぎる・・・」
「ただの引きこもりさ」
俺は正直に答えた
「ヒキコモリ・・・きっとあんたの世界ではスゴいクラスなんだろうな」


これが、俺がA国の総合戦術担当相に着任が決まった経緯であった




130: 2017/03/06(月)18:02:19 ID:cAB
>>126
異世界の人は原始人か何か?




134: 2017/03/06(月)18:03:50 ID:5De
>>130
人を傷つけるための技術を発展させようと思わない優しい世界なんやろ(適当)




148: 2017/03/06(月)18:07:10 ID:Eqy
純文学風のなろう小説ってどんなんや
もしかして三人称のこと言うてるんか




149: 2017/03/06(月)18:07:13 ID:ZTC
代名詞て偉大だわ




159: 2017/03/06(月)18:09:57 ID:IHS
「で、ではナオミ様、1438×1155はいくつでしょうか? これは難しいので制限時間は、そうですね、3分で・・・」

「1660890だな」

「なっ!?」

俺が一瞬で答えると、シルビィがあっけにとられたような声を上げた。さっきから一体どうしたっていうんだ?

「ナ、ナオミ様はもしや天才でいらっしゃるのですか?」

「へ?」

「ご主人様、すごい! 一瞬であんな難しい計算を解いてしまうなんて」

「強さだけではなくて、頭も良いなんて、マサツグ様は本当に完璧超人ですね!!」

「文武両道っていう言葉はきっとマサツグさんのためにあるのね~」

少女たちも俺を褒めてくる。

うーん、まあ、確かに俺は地球にいた頃でも、普通に計算が得意な方で、数学も自然と出来てしまうタイプだったが・・・。
「大したことじゃないだろう?」
俺はそう言うが、シルビィは首をフルフルとすると、

「とんでもありません。私も計算はできますが、それほどはやく計算をすることは不可能です。ナオミ様ほどの数学能力を拝見したのは初めてですよ。あ、まさか暗算のスキルなどをお持ちなのでしょうか?」

「いや、持っていないが?」

「そ、そんな、ではどうやって一瞬でそんなにはやく計算をしてらっしゃるのですか!?」

「うーん、どうやってと言われてもな・・・。単に頭の中で式をつくって自然に計算しているだけだが・・・」

その言葉に更にシルビィは驚いたようで、

「すごい・・・。私の知る限り、ナオミ様ほどの計算能力を持つ方は初めてです。
しかもスキルなしだなんて前代未聞です・・・。その知能だけでも、この国の財政面を動かすだけの力があるように思いますよ。
そ、そうだ、ぜひギルドの幹部にご就任頂けないでしょうか? 父には私からお願いしますから!」

などと、いきなり俺をヘッドハンティングしようとするのであった。

まぁ、俺ほどの才能を持つ人間を引き抜こうとするのは自然な感情だろう。

彼女の行動は急すぎたものの、理解できなくはない。

だが、残念ながら俺には孤児院を運営するという崇高な使命があるからな。

電卓を叩いて異世界最強




166: 2017/03/06(月)18:11:41 ID:fLt
>>159
なろうを舐めるなよ

「先生が一度担当された一年のクラスで話されたという、『掛け算』について詳しく教えてください」

「うん、掛け算ね…… そうだね、じゃあまずこのクラスのこの部屋の人数をどうやったら素早く計算できると思いますか?」

「ええっと、順番に数えて、数えきれなくなったらとりあえずメモして続きをさらに数えてメモを増やして、最後に全部を足し算します」

「そう、足し算という手法ではそうなりますね。この教室の第一列は二十人が座っています。縦列は十五列です。掛け算というのは二十×十五を瞬時に計算できます。答えは三百です」

「え? どうやったんですか?先生! 一瞬でここにいる人数を計算できるなんて聞いたこともありません」

 教室内が驚愕のどよめきで溢れんばかりだ…… はあ……

「それが掛け算というものです。君たちの先ほどの計算方法は足し算と言います。数学、いえ算術の世界の最も単純な演算方法は次の四つになります。足し算、引き算、掛け算、割り算です」

割り算て何? と多くの生徒がきょろきょろしている。

「ああ、じゃあ例をあげましょう。単純な方がいいでしょう。今ここに九百個のお菓子があるとします。ここにいる三百人で分けると一人頭は何個になりますか?」

「はい、先生!」

「どうぞ」

「その問題は指を使っても数え切れません。大勢の人が集まって時間をかけないと答えがだせません」

「ここで割り算を使います。九百÷三百=三、すなわち一人頭では三個ということになります」

「なに~! なんで~ なんでそんなに早く計算できるの?」

「て、天才か! 人間じゃないよ、それ…… 頭の中、どうなってるのかしら」




169: 2017/03/06(月)18:12:33 ID:cAB
>>166
こんなん描いてて恥ずかしくならんのか・・




174: 2017/03/06(月)18:13:13 ID:IHS
>>166
これは一応魔法で何でもかんでもできる世界で数学は全く必要とされることがなかった設定だから……




160: 2017/03/06(月)18:10:09 ID:I7i
頭おかしなるで




181: 2017/03/06(月)18:14:29 ID:XDv
こんなレベルの文章でもランキングに載って色んな人に見てもらえるって逆にすごい




198: 2017/03/06(月)18:20:51 ID:ros
「一勤務労働制……という言葉は知っていますか」
「一勤務労働制? 何を言っている?」
ふむ、やはり知らんか。もっともそれは仕方のない話なのかもしれない。
この案は私が前の世界に居たときから抱いていた新しい制度だ。知らぬのも当然だろう。
「簡単に言いますと朝は奴隷が働きます。昼は奴隷が働き夜も奴隷が働く、人はありがとうを食べるだけで生きて行ける。」
「仕事とはお金と時間のやり取りではない。相手から ありがとうと感謝される。そこに、やりがいがあって生きがいがある。後でウチのカンボジア慈善事業のビデオを見たら感想文を提出しなさい。」




201: 2017/03/06(月)18:21:24 ID:DyA
>>198
すごーい




213: 2017/03/06(月)18:25:20 ID:8dh
>>198
貴族が全く働いてないみたいだね




215: 2017/03/06(月)18:26:24 ID:DyA
>>213
貴族は宣伝に勤しむっていう大事な仕事があるからね仕方ないね




199: 2017/03/06(月)18:21:10 ID:RIF
マサツグさまは文章力はあるだけに余計笑えるわ




211: 2017/03/06(月)18:24:27 ID:1Ta
>>199
マサツグはさっきも言うたけど、イジメとチーレムさえ無ければ大成も有り得ただけに…




218: 2017/03/06(月)18:26:44 ID:IHS
取り戻す、帝国を!
作者:千本桜
異世界でかつて栄華を誇ったエクスカリバー帝国。だが、8年に及ぶ「大戦争」で大敗してしまい、その隙に隣国から入り込んだキロヌカ人が乱暴狼藉を働くようになる。
そしてキロヌカ人は[特権]を手に入れ、帝国に居座ることになった。彼らの行いを批判するのはタブーとされ、声を上げたくても上げられない状況が続いた。
それから60数年経ち、一人の男がその現状を変えるために立ち上がった。その名は、ブロッサム。彼とその仲間たちの、帝国を取り戻すための戦いが今始まる!

最近、日本では在日韓国・朝鮮人の実態(生活保護不正受給、通名の使用、犯罪率の高さ、パチ○コなど)がネットを中心に知れ渡るようになってきた。
在日の実態をこの小説で異世界に置き換えて描いてみた。




社会派なろう小説(連載中)




223: 2017/03/06(月)18:27:46 ID:RIF
>>218
日本の問題なのに王国の名前はイギリス由来なのか…




220: 2017/03/06(月)18:27:11 ID:GeZ
でも…!




221: 2017/03/06(月)18:27:28 ID:GeZ
あってはならない存在だと言うのに…




224: 2017/03/06(月)18:28:00 ID:OG8
なろう民が驚く革新的なアイディアが何かないかな~




252: 2017/03/06(月)18:37:14 ID:fLt
三人が横一列に並び、ケミンの合図で歌がはじまった。

「「「よっこらふぉっくす こんこんこん♪」」」

 可愛らしく精いっぱい明るい声で三人が歌い始める。
 両手を前に伸ばし腰を落として上下に激しくシェイクしながら右に左に体を揺らす。

「「「尻尾をふりふり こんこんこん♪」」」

 次は元気よく回転して背中を向け、腰に手をあて、しっぽを振りながら腰を振る。

「「「耳の先だけ くっろいぞ♪」」」

 しゃがんで狐耳に手を当て上目使い。

「「「尻尾の先は しっろいぞ♪」」」

 体を半身にして尻尾を手でもちあげ先を見せつけてくる。

「「「よっこらふぉっくす こんこんこん♪」」」

 サビらしく冒頭と同じ振りだ。

「「「もふもふふかふか こんこんこん♪」」」

 背中を向けて尻尾と腰を振る。

「「「こーーーーん♪」」」

 最後は全員でおもいっきり飛び跳ね、心底楽しそうに叫ぶようにして終了。
 その、なんというか、すっごく可愛い。もう可愛すぎて理性が飛びそうだ。




256: 2017/03/06(月)18:38:35 ID:RIF
>>252
アニメ化をねらってそう
声優まで考えてそう




257: 2017/03/06(月)18:38:51 ID:Eqy
>>252
あかんまともに見える




308: 2017/03/06(月)18:58:53 ID:TbX
なろうはほんまに素晴らしい文化やで……
文と言うものは金を払う価値があるんやなってことを思い出させてくれる至高のコンテンツやで




320: 2017/03/06(月)19:13:02 ID:pCX
チーレムに見せかけてぼろ負け・寝取られって実際にやったやつおらんのかな




374: 2017/03/06(月)19:56:34 ID:dBl
ちゃんと面白いんだけどここでどれだけの読者をブラウザバックさせたのかわからん




124: 2017/03/06(月)18:01:21 ID:6g7
ワイもなろうの主人公みたいに思考加速したい




おすすめ記事紹介

注目おすすめ記事

コメント

  1. 名前:名無しのチェックメイト 2017年03月07 01:29:45 返信

    なろうに書いてる時点で失敗、というのは置いといて
    いくら現実がクソだからって自分で作った原始人世界で俺ツエー!俺カシコイ!なんて書いてどうも思わんのかな…
    絶対途中で我に返るわこんなん

  2. 名前:名無しのチェックメイト 2017年03月07 08:18:41 返信

    なろうバカにしてたけど、このすばで手のひら返した

  3. 名前:名無しのチェックメイト 2017年03月07 18:21:32 返信

    全世界に向けてオナニーを配信してるようなもんだしその度胸はすごいと思うよ

  4. 名前:名無しのチェックメイト 2017年03月25 16:06:42 返信

    >>320
    タイトル忘れたけど
    主人公が薬屋の息子で錬金術つかえるやつ。
    ぼろ負けはしないけど、いい感じになりそうだった女キャラが
    王族に手籠めにされたり、あっさり乗り換えたり、王族に嫁入りしたりした。

  5. 名前:名無しのチェックメイト 2017年03月30 18:29:25 返信

    >>198
    良く見たら途中からちげえww

  6. 名前:名無しのチェックメイト 2017年04月20 03:22:03 返信

    〉88
    防御力∞なのにカードに血をたらせる?

  7. 名前:名無しのチェックメイト 2017年05月01 17:17:22 返信

    人間が正当化できる理由を持って他人に暴力振るう時に
    知力体力時の運などあらゆる要素を限界以上にふりしぼってどんなことでもいくらでもするだろうことくらい簡単に気付かないのかね、自分の性格考えれば

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。